トップ > ニュース

ニュース

ecancer:腎臓:薬物併用療法は進行性腎臓がんの新しい標準治療になる可能性がある

21 Feb 2019

2剤併用は(うち1つは免疫療法薬)、転移性腎臓がんの新しい標準的な一次療法になる可能性がある。

 

この第III相臨床試験の結果は、New England Journal of Medicine誌に掲載された。

 

免疫療法薬アベルマブとVEGF標的薬アキシチニブ投与群は、進行性明細胞腎細胞がん(最も一般的な腎がん)の標準治療薬であるVEGF標的薬スニチニブ投与群と比較して、無増悪生存期間において有意な優位性を示した。

 

「併用療法群はまた、より高い奏効率を示した- 患者の腫瘍は、スニチニブのみ群と比較して縮小した」と、New England Journal of Medicine 誌のJAVELIN Renal 101試験に関するレポートのシニアおよび共同連絡先著者であり、Dana-FarberのLank Center for Genitourinary Oncologyの所長であるToni K. Choueiri氏は述べた。

 

「これは確かにスニチニブよりも優れている – うまくいけばこれはFDAの承認にすぐにつながる」とChoueiri氏は付け加えた。

無増悪生存期間は併用療法で改善されたが、2剤併用療法が標準的なレジメンと比較して全生存期間を延長するかどうかを確認するために追加の追跡調査が必要である。

この試験は、アベルマブと血管内皮細胞増殖因子受容体(VEGFR)を標的とする薬とを組み合わせた最初のきわめて重要な研究である。

 

スニチニブやアキシチニブのようなVEGFRブロッカーは、血液供給を中断することによって腫瘍を飢餓状態にするように設計されている。

 

PD-L1と呼ばれる免疫チェックポイントをブロックするアベルマブなどの免疫療法薬は、「使い尽くされた」免疫T細胞を活性化することによって作用し、がん細胞をより効果的に攻撃することができる。

 

この臨床試験には、未治療の進行性腎細胞がん患者886名が参加し、薬物併用療法群またはスニチニブ単独投与群にランダム化された。

 

本試験の結果から、無増悪生存期間中央値(PFS;がんが悪化するまでの期間)は併用群で13.8か月、スニチニブ投与群で7.2か月であることが示された。

これらの結果は、がん細胞がアベルマブによってブロックされているPD-L1チェックポイントが陽性と判定された患者に特に適合した。

 

全群(PD-L1陽性または陰性)のPFSは一貫していた(13.8か月対8.4か月)。

 

PD-L1陽性患者のうち、腫瘍が縮小した患者の割合は、アベルマブとアキシチニブの併用で55.2%、スニチニブで25.5%だった。

 

「興味深いことに、分析では、すべてのサブグループ(良好、中等度、および低リスクの患者)が併用療法の恩恵を受けていることが示された」とChoueiri氏は述べた。

 

両方の治療群のほぼすべての患者が何らかの副作用を経験した。

 

併用療法群では、38.2%が免疫関連の有害事象を経験した。107名で観察された最も頻繁に起こったのは甲状腺疾患であった。

 

Choueiri氏はまた、次のように述べている。「進行性疾患の患者にとって、これは重要な選択肢である。進行性腎臓がんで行っていることは限界を押し広げている-これらの治療で病気は治らない可能性はあるが、患者はより長生きをし、疾患はより慢性的になっている」

 

https://ecancer.org/news/15481-drug-combination-may-become-new-standard-treatment-for-advanced-kidney-cancer.php

 

(2019年2月19日公開)

 

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー