トップ > ニュース

ニュース

ecancer:婦人科:HPVの発見は新しい子宮頸がん治療への希望を高める

01 Feb 2019

University of Virginia School of Medicineの研究者らは、子宮頸がんおよびその他のウイルスによって引き起こされるがんの新たな治療法につながる可能性があるヒトパピローマウイルス(HPV)について発見した。

結果はMolecular Cell誌に掲載された。

HPVは、子宮頸がんのほぼ全ての症例と肛門がんの95%に関与している。

また、7,900万人以上のアメリカ人に感染する、最も一般的な性感染症である。

ほとんどの人は、感染しているのか、またはウイルスを拡散させているのかを知らない。

UVAの研究者であるAnindya Dutta氏は、次のように述べている。「ヒトパピローマウイルスは多くのがんを引き起こす。文字通り何千人もの人々が子宮頸がんにかかって亡くなる。現在は、HPV用のワクチンがあるので、発生率が下がることを期待している。しかし、そのワクチンは世界中で利用できるわけではなく、宗教的な問題のために誰もが摂取しているわけではない。ワクチンが高価であるため、ヒトパピローマウイルスがんが存在していると私は思う。それらは消えることはないだろう。だから、新しい治療法が必要である。」

HPVは、どのようにがんを引き起こすかをしっかりと理解しているにもかかわらず、科学者にとっては頑固な敵対者である。HPVは腫瘍を予防するための健康な細胞の本来の能力を遮断するタンパク質を生産する。

がんタンパク質E6と呼ばれるこれらのタンパク質のうちの1つをブロックすることは、明白な解決策のように見えたが、そうするための何十年もの試みは成功していない。

しかし、Dutta氏と彼の同僚は、新たな前進を見い出した。

彼らは、ウイルスが私たちの細胞に存在するタンパク質、USP46と呼ばれる酵素の助けを借りていることを突き止めた。USP46酵素は、HPVに起因する腫瘍の形成と成長にとって最も重要である。

USP46酵素は薬に非常に敏感であることが期待できる。

Dutta氏はそれを「見事に薬用可能」と呼んでいます。

「それは酵素であるため、その活動に欠かせない小さなポケットを持ち、製薬会社はそのポケットを詰まらせてUSP46のような酵素を不活性化する小さな化学物質を製造するのに非常に優れている」と、UVAの生化学および分子遺伝学部の学部長であるDutta氏は述べた。

「したがって、USP46を不活性化することによって、HPVによって引き起こされたがんを治療する方法があるというこの可能性に非常に興奮している。」

不思議なことに、HPVはがんタンパク質E6の既知の活性とは反対の活性のためにUSP46を使用している。

E6は、細胞の腫瘍抑制因子を分解するために他の細胞酵素を動員することが20年以上前から知られている。Dutta氏の新しい発見は、E6がUSP46を使用して他の細胞タンパク質を安定化し分解を防ぐことを示している。

E6の両方の活動はがんの成長にとって重要です。

研究者らは、酵素USP46はがんを引き起こすHPV株に特異的であると述べている。

がんを引き起こさない他のHPV株では使用されていないと彼らは報告している。

 https://ecancer.org/news/15231-hpv-discovery-raises-hope-for-new-cervical-cancer-treatments.php

(2018年12月19日公開)

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー