トップ > ニュース

ニュース

ESMO 2016 Press Release : 乳がん : 単一群試験は希少抗がん剤への早期アクセスを改善する

28 Oct 2016

LUGANO-COPENHAGEN – 無作為化臨床試験(RCT)は、抗がん剤の有益性およびリスクを評価するためのゴールドスタンダードであるが、単一群試験(SATS)は、特に高いアンメットニーズを持つ小集団における劇的な薬物活性、強力な生物学的根拠を有する抗がん剤の開発および承認を早めるための貴重な機会を提供することができると、欧州医薬品庁:European Medicines Agency(EMA)のサイエンティフィック・オフィサーであるDr. Jorge MartinalboはESMO 2016会議で報告した。
「医薬品の承認は通常、RCTからのエビデンスに基づいた確かなメリット/リスク比の実証を必要とする。とはいうものの、例えば非常にまれながん、または分子のサブグループ、または予備的証拠が高いアンメットメディカルニーズにおいて劇的な効果を示しているとき、場合によっては、規制当局の承認のためにRCTを厳密に必要ではないかもしれない」と彼は述べた。
SATSには、EU承認のために十分なエビデンスの提供が可能な状況について、制限付きの規制ガイダンスがある。EMAとESMOは最近、市場参入のための政策立案者、患者および臨床医を満足させることができ、かつ革新的な抗がん剤へのアクセスを容易にすることができるエビデンスの要件を定義するための協業を開始した。
この取り組みの一環として、Dr. Martinalboは1995~2014年にEMAにより審査された抗がん剤の初期承認、および適応症拡大のための263の申請において、SATSの役割を分析した。
「過去20年間のEUにおける抗がん剤承認の約20%がSATSからのエビデンスに基づき、血液学的悪性腫瘍に対する初期承認の半数以上であった。バイオマーカー限定集団で使用される標的薬の約3分の1は、奏効率に基づいて承認された。驚くべきことに、SATに基づく初期承認のための審査期間と成功率は、RCTに基づいたものと類似している。要するにこれは、SATSに基づいた初期承認の約半数で使用される条件と、例外的な状況の承認などの早期アクセスツールでサポートされている規制要件の柔軟性を反映している」とDr. Martinalboは説明した。
しかしながら、患者が新たな抗がん剤を使用できるようになる前に、国および地域レベルにおける経済的基準を考慮したさらなる決定がある。
「非対照試験からのエビデンスに内在する不確実性の増加は、その後の健康技術評価(HTA)や価格、払い戻しの決定を国レベルで提起し、患者への効果的なアクセスを潜在的に損なう可能性がある」とMartinalbo氏は説明する。
これは、EMAとESMOが共同で行った最近のワークショップの主要トピックの一つであり、学界や医薬品業界、規制当局、患者代表、HTA機関の臨床科学者や薬剤開発者を含む幅広いステークホルダーが、抗がん剤の承認やSATに基づく払い戻しの決定に関する課題である。

「このワークショップでは、多様な視点とすべてのステークホルダーを満足させるエビデンス・フレームワークの開発における課題を実現することができた。われわれは、革新的なエンドポイント、外部コントロール、エビデンス生成を改善する機会を提供するバスケットトライアルなどの方法論的な分野を特定し、現在ESMOと共同で、さらに詳細化するためのコアグループを確立している。承認の決定は日常の臨床業務に影響を与え、ESMOとの緊密な協力により、ワークショップが大きなチャンスをもたらしていることを明確に示した」とMartinalbo氏は結論づけた。

臨床研究において、豊富な経験を持つEORTC事務局長のDenis Lacombe博士は、「ヨーロッパ当局による、1994~2015年にSATが果たした役割を分析したレトロスペクティブ研究は、SATの規制に対する実際の影響に光をもたらす。新薬の作用機序と疾病の双方に関して文書で十分に立証された知識に基づいて、新しいデザインとエンドポイントが臨床研究の方法論に挑戦するごとに、科学の進化を確かに示している。しかし、新たな治療法ががん患者に提供するデータベースの安定性は損なわれてはならない」と語った。
Dr. Lacombeは、次のように説明した:「RCTとSATは、互いに選択肢とは考えられない。SATは、倫理的および社会的な影響を伴い、患者にあまり安定したデータをもたらさず、HTAおよび償還の決定にさらに影響を及ぼす。伝統的に、RCTによって提供される基準がない場合、決定プロセスは依然として不確実である。さらに、特定のグループの患者が、あまり安定していないデータに基づいて治療される理由は正当なものとはいえない」
Dr. Lacombeは、次のように結論づけている:「臨床研究者は、概念証明から有効性までの新しいソリューションを開発し、患者に確実なエビデンスをもたらし、SATのような簡単なルートに妥協することなく、関連する既存の治療戦略および/またはアンメットニーズがなければ、エビデンスが得られる。臨床研究において、完全に変革の外にあるSATについて議論することは有用であり、SATに対する認識を危険にさらす可能性があり、確実に患者にとって不利益になるかもしれない」

http://www.esmo.org/Conferences/ESMO-2016-Congress/Press-Media/Single-Arm-Trials-Improve-Early-Access-to-Rare-Cancer-Drugs
(2016年10月10日公開)

Croi 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Glasgow 2020 Virtual Conference News 速報
Literature-based Program
Gut Japanese abstract collection
ecancer
国際学会カレンダー