トップ > ニュース

ニュース

ecancer : 皮膚 : インポテンツ治療薬とメラノーマリスク増加の関連性

04 Aug 2015

昨年、ボストンのHarvard University研究チームから、インポテンツの治療薬であるホスホジエステラーゼ阻害薬(PDEi = phosphodiesterase inhibitor)であるバイアグラにより、皮膚のメラノーマリスクが増加することが発表された。

バイアグラは、メラノーマ細胞の増殖を刺激するとの解釈であった。

しかしながら、今回、Uppsala、Lund そしてNew Yorkの研究者らと共同でUmeå Universityの研究者らがJAMA誌に発表した内容は、昨年の知見とは相反する。

「われわれの研究では、バイアグラ、シアリスやレビトラなど、ホスホジエステラーゼ阻害薬単一を処方した患者のデータが集められ、生物学界に反論すべき、統計学的にメラノーマの有意なリスク増加との関連性が示された」と、Umeå University泌尿器科教授、研究主任のPär Stattin氏は述べた。

また、早期の表在メラノーマが最もリスクが高く、その結果から、ホスホジエステラーゼ阻害薬処方とメラノーマとの因果関係に関するさらなる別の側面が示された。

さらに、ホスホジエステラーゼ阻害薬を処方した男性は、他の男性にくらべ、より健康で、高学歴、高収入であった。スウェーデンでは、他の薬剤とは対照的に、この阻害薬が全自己負担でのみ購入可能な薬であることから、これらの事実は驚くべきことではない。

この研究は、アメリカの研究より30倍も大きく、Swedish Prescribed Drug Register、Swedish Melanoma Registerと他の健康管理登録のデータ、そしてスウェーデンの人口統計データベースが使用された。

「今回の研究結果は、インポテンツ処方薬がメラノーマのリスクを上昇させることに対して反論する内容である。データはむしろ、バイアグラ、シアリスやレビトラを処方した男性のほうが、メラノーマの危険因子であるほくろの治療により積極的であることを示唆する。メラノーマにおける最大の危険因子は、強い日光を浴びることであり、そのためUV照射の防止がメラノーマ予防の基礎となる」と、Pär Stattin氏は述べた。

参考: Stacy Loeb, Yasin Folkvaljon, Mats Lambe et al. Use of Phosphodiesterase Type 5 Inhibitors for Erectile Dysfunction and Risk of Malignant Melanoma, Journal of the American Medical Association, (JAMA), 2015;313(24):1-7.

http://ecancer.org/news/7455  
(2015年6月24日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー