トップ > ニュース

ニュース

ecancer : 肉腫  : ASCO® 2015:エリブリンが進行脂肪肉腫患者と進行平滑筋肉腫患者の全生存期間を延長

24 Jun 2015

前治療歴が2ライン以上である中等度または高度の進行脂肪肉腫と進行平滑筋肉腫を有する患者に対する新しい治療法として、無作為化第III相試験結果の詳細が発表された。

化学療法薬エリブリンを投与した患者は、標準療法であるダカルバジンと比較して全生存期間の中央値で2か月の延長が認められた。

著者によると、これは献身的な家族を有する患者の全生存率の改善を示した初めての無作為化第III相試験である。

「軟部組織肉腫は、比較的まれな疾患であり、治療が非常に困難である。初期治療に使用可能な薬剤の効果は十分でなく、2ライン以上の前治療にもかかわらず疾患進行を有する患者は予後不良である」と、筆頭著者であるベルギー、University Hospitals LeuvenのGeneral Medical Oncology部長であるPatrick Schöffski氏は述べた。

「このような治療の選択肢がほとんど存在しない疾患について、生存2か月の延長は有意な改善である。患者がより多くの治療を受けるにつれて、生存率改善の可能性を広げる」

今年、米国では推定12,000人が、軟部組織肉腫と診断される見込みである。

軟部組織肉腫は希少疾患のひとつであり、脂肪肉腫と平滑筋肉腫は、中でもより一般的な疾患である。

進行性転移性軟部組織肉腫の患者は予後不良であり、一般的に生存期間は1年以内である。

使用可能な治療の選択肢がほとんどなく、前治療にもかかわらず、体の他の部位に疾患が悪化し広がる。

この研究では、進行性の脂肪肉腫である平滑筋肉腫や脂肪細胞肉腫の患者452名を対象に、エリブリンまたはダカルバジンによる治療を無作為に割り当てた。

平滑筋肉腫(平滑筋から始まる症状)と脂肪細胞肉腫(脂肪組織から始まる症状)は治療が困難な悪性腫瘍である。

全患者において、2レジメン以上の前治療後に疾患が増悪した。

全生存期間の中央値は、エリブリン群で13.5か月、ダカルバジン群で11.5か月であった。

エリブリンのおもな副作用は、白血球減少、疲労感、吐き気、脱毛、および便秘であり、患者の8%がこれらの副作用のため治療を中止した。

血小板減少は、エリブリン群よりもダカルバジン群においてより多くみられる。

グレード3および4の治療の副作用は、ダカルバジンよりもエリブリンで頻繁に認められた。

エリブリンは、細胞分裂を阻止する微小管阻害剤として知られる抗がん剤の種類である。

もともとは天然源、海綿に由来した。

FDAは、2010年に進行性乳がん対象にエリブリンを承認した。

追加解析として、QOL解析、サブグループ解析そしてバイオマーカー検査は現在進行中である。

この分析結果は、後日発表予定である。

Patrick Schöffski氏のpress conferenceはこちら。

http://ecancer.org/news/7354
(2015年5月30日公開)

Croi 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Glasgow 2020 Virtual Conference News 速報
Literature-based Program
Gut Japanese abstract collection
ecancer
国際学会カレンダー