トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:泌尿器がん FDAが切除不能または転移性尿路上皮がんに対するニボルマブとシスプラチンおよびゲムシタビン併用投与を承認

15 Mar 2024

2024年3月6日、FDAは、切除不能または転移性尿路上皮がん(UC)成人患者の一次治療として、ニボルマブとシスプラチンおよびゲムシタビンの併用を承認した。

ニボルマブの全処方情報はこちらをご覧ください。

有効性はCHECKMATE-901試験(NCT03036098)で評価された。CHECKMATE-901試験は、前治療歴のない切除不能または転移性UC患者608名を登録した無作為化非盲検試験である。

患者は、ニボルマブとシスプラチンおよびゲムシタビン併用投与(最大6サイクル)後、ニボルマブ単独投与(最大2年間)投与群、またはシスプラチンおよびゲムシタビン単独投与(最大6サイクル)群に無作為に割付けられた(1:1)。

両群とも、シスプラチンを中止した患者にはカルボプラチンの投与が許可された。無作為化は腫瘍のPD-L1発現と肝転移の有無によって層別化された。

有効性の主要評価項目は全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)で、RECIST v1.1を用いた盲検独立中央審査により評価された。

ニボルマブとシスプラチンおよびゲムシタビン併用投与後のニボルマブ投与は、シスプラチンおよびゲムシタビン単独投与と比較して、OSおよびPFSのいずれにおいても統計学的に有意な有益性が示された。

OS中央値は、ニボルマブとシスプラチンおよびゲムシタビンの併用投与群で21.7か月(95%CI:18.6、26.4)、シスプラチンおよびゲムシタビンの単独投与群で18.9か月(95%CI:14.7、22.4)であった(ハザード比[HR]0.78[95%CI:0.63、0.96]、両側p値0.0171)。

PFS中央値はそれぞれ7.9か月(95%CI:7.6、9.5)、7.6か月(95%CI:6.0、7.8)であった(HR 0.72[95%CI:0.59、0.88];両側p値 0.0012)。

ニボルマブとプラチナ製剤の二剤併用化学療法を受けた患者で最も多くみられた副作用(15%以上)は、悪心、疲労、筋骨格痛、便秘、食欲低下、発疹、嘔吐、末梢神経障害、尿路感染、下痢、浮腫、甲状腺機能低下症、そう痒症であった。

この適応症に対するニボルマブの推奨用量は以下の通りである:

360mgを3週間ごとにシスプラチンおよびゲムシタビンと併用し、最大6サイクルまで投与後、病勢進行、許容できない毒性、または初回投与から最大2年間治療するまで、単剤で240mgを2週間ごと、または480mgを4週間ごとに投与する。

 

https://ecancer.org/en/news/24380-fda-approves-nivolumab-in-combination-with-cisplatin-and-gemcitabine-for-unresectable-or-metastatic-urothelial-carcinoma

(2024年3月11日公開)

CROI2024 速報
HIV感染症治療教育プログラム
EACS2023 速報
IAS2023 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー