トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん トリプルネガティブ乳がんの増殖を抑える新戦略

17 Aug 2023

2022年、Baylor College of Medicineの研究チームは、MAPK4と呼ばれるあまり知られていない酵素がトリプルネガティブ乳がん(TNBC)の増殖と特定の治療法に対する抵抗性に関与していることを発見した。

研究者らは現在、このMAPK4の新たな役割の詳細を調べることで、今回、TNBC やその他のがんにおいて MAPK4 によって促進される増殖を制御可能な戦略を特定した。

PLOS Biology誌に発表されたこの研究は、この深刻な疾患のための新たな治療の選択肢を開く。

「われわれのチームは、MAPK4によって誘導されるがん増殖に関与する細胞プロセスや経路を研究している」と、病理学・免疫学および分子細胞生物学の准教授であるFeng Yang博士は述べた。

また、Yang氏はBaylor College of MedicineのDan L Duncan Comprehensive Cancer Centerのメンバーでもある。

Yang氏らは、一部のTNBC症例では、MAPK4がAKTと呼ばれる酵素を活性化し、がんの増殖を促進することを知っていた。

彼らはまた、同じ細胞内で、PDK1と呼ばれる別の酵素がAKTとAGCグループの他の一連の酵素の両方を活性化することによってがんの増殖を促進できることも知っていた。

この PDK1 を介した AGC 酵素の活性化は、おもに細胞内のPDK1の量に依存する。

研究チームは、結局のところ、MAPK4とPDK1は腫瘍促進作用においてそれほど独立していないことを発見し、これがこれらのがんの治療法に関する新しいアイデアにつながった。

研究者らは、TNBC細胞を使った研究で、AKTを直接活性化するだけでなく、MAPK4が細胞内のPDK1の産生を促進し、それがひいては腫瘍の増殖を促進することを発見した。

「われわれは、MAPK4がAKTとPDK1の両方を活性化し、それらが連携してがんの増殖と治療抵抗性を高めることを発見した」と、Yang氏は述べた。

「研究室でMAPK4を除去すると、AKTとPDK1に対するMAPK4の作用の両方が阻害され、腫瘍の増殖が抑制された。

しかし、MAPK4 を特異的にブロックし、腫瘍増殖を抑制するために試験できる薬剤はない。

代わりに、Yang氏らは別のアプローチを模索した。

「われわれは、AKTとPDK1の両方をブロックするとMAPK4誘発性のがん細胞増殖が効果的に抑制されることを示し、TNBCのサブセット、前立腺がん、肺がんなどのMAPK4依存性がんを治療するための治療戦略の可能性を示唆した」

「この研究で、MAPK4の腫瘍促進活性の根底にある分子メカニズムの理解を進めただけでなく、ヒトのがんに対する潜在的な新規治療法も発見した」と、Yang教授は述べた。

この研究に貢献した他の寄稿者には、Dong Han、Wei Wang、Julie Heejin Jeon、Tao Shen、Xiangsheng Huang、Bingning Dong (いずれもBaylor校)、および Ping Yi (University of Houston) が含まれる。

https://ecancer.org/en/news/23464-a-novel-strategy-to-suppress-triple-negative-breast-cancer-growth

(2023年8月3日公開)

【7月26日19時より公開】IAS2023 速報
【2月22日19時より公開】CROI2023 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
AIDS 2022 Conference News 速報
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー