トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 がん患者の2人に1人がlong COVID(長期的なCOVID-19の後遺症)を発症する可能性があり、女性でのリスクが高い

09 Mar 2023

米国のがんセンターで、がん患者の2人に1人以上が、初感染から6ヵ月以上にわたってlong COVID(新型コロナウイルス感染症の罹患後症状:後遺症)を経験したことが、2月8日にeLife誌に発表された研究により明らかになった。

この結果は、一般集団で報告されている長期的なCOVID-19後遺症の発症率と同程度であるが、がん治療中の女性は男性よりもリスクが高いと思われることも示している。

一般集団における長期的なCOVID-19後遺症(post-acute sequelae of SARS-CoV-2 infection [PASC]とも呼ばれる)の有病率は10%から87%と様々で、COVID-19の初期症状が重度であり入院した患者では、症状が30日以上持続していると報告されている。

「がん患者は、COVID-19高リスクグループに分類されるが、がん患者におけるPASC、それが進行、ケア、治療に与える影響についてのデータは限られている」と主著者である米国テキサス大学MDアンダーソンがんセンター感染症科のAnne-Marie Chaftari准教授は述べている。「がん患者におけるCOVID-19感染後の管理について理解を深めるために、我々はこれらの患者に特化したlong COVID-19のパターンの特徴を明らかにしようとした」

研究チームは、テキサス大学MDアンダーソンがんセンターで治療を受けている患者で、2020年3~9月の間にCOVID-19と診断された患者を特定し、遠隔症状モニタリングと通常の来院時の診察による最長14ヵ月間の経過を追跡した。

最初のCOVID-19診断後14日間は毎日、その後3ヵ月間は毎週、その後は毎月、質問票を患者に送付した。

患者には、疲労、咳、胸部圧迫感、呼吸困難、頭痛、発熱、嗅覚や味覚の変化、筋肉痛、胃腸症状、睡眠障害、日常生活動作の制限などの症状を記録してもらった。

Long COVID-19は、COVID-19に関連する症状が診断後30日を超えて持続している、または新たなCOVID-19の症状が出現していると定義した。

研究チームは312人のがん患者のデータを収集し、そのうち188人(60%)がLong COVID-19を発症した。
ベースライン時に再発したか、治療抵抗性のがんを有していた人、より重度の急性COVID-19感染症を発症していた人は、long COVID-19を発症する可能性が低かった。

その結果、女性のがん患者は男性のがん患者に比べ、long COVID-19の割合が高いことが分かった(63% 対 51%)。

それ以外の点では、COVID-19が長引いた患者と長引かなかった患者の特徴に違いはなかった。白血球数の減少、酸素投与の必要性、COVID-19による入院、多臓器不全などのリスク因子は両群で類似していた。

COVID-19の長期症状で最も多かったのは、疲労、睡眠障害、筋肉痛、消化器症状であった。

著者らが興味深いと感じた発見の1つは、高血圧 (BP) の患者はlong COVID-19を発症しにくいということであった。

高血圧がより重度の急性COVID-19の危険因子であることが知られていることを考えると、これは驚くべきことであったが、免疫不全患者を対象としたlong COVID-19に関する別の研究でも同様の結果がみられた。

BPと重症急性COVID-19のリスクとの関連は、多くの血圧降下剤の標的であるアンジオテンシン変換酵素2 (ACE-2) にCOVID-19スパイク蛋白が結合しているためと考えられている。

これらの結果は、このメカニズムがlong COVID-19の発症に重要であることを否定するものかもしれない。

long COVID-19を発症したがん患者188人中59人(31%)が再入院したが、COVID-19に関連する理由で再入院したのは16人(8.5%)にとどまり、ほとんどが外来診療で対応可能な症状であった。

「我々の研究では、long COVID-19はがん患者の大多数で発症し、男性よりも女性に多くみられたことが分かった」と、最終著者でありテキサス大学MDアンダーソンがんセンター感染症学科教授であるIssam Raad氏は結論付けている。「このような高リスクの患者集団においてさえ、long COVID-19は高い入院率と関連していなかった。また、long COVID-19を予測する急性COVID-19の基礎疾患や重症度も見つからなかった」

https://ecancer.org/en/news/22688-one-in-two-cancer-patients-may-develop-long-covid-with-risk-higher-in-women

(2023年2月8日公開)

HIV感染症治療教育プログラム
【10月23日19時より公開】EACS2023 速報
IAS2023 速報
CROI2023 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー