トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:多発性骨髄腫 ASH2022:talquetamabが治療困難な多発性骨髄腫患者において高い奏効率を実現

22 Dec 2022

初期段階の試験では、多発性骨髄腫に対するファーストインクラスの実験的免疫療法であるtalquetamab投与患者の4分の3近くが、数か月以内にがんの負担の大幅軽減が確認された。

本試験の参加者は全員、過去に少なくとも3種類の治療を受けていたが、持続的な寛解が得られなかったことから、talquetamabは治療困難な多発性骨髄腫の患者に新たな希望をもたらす可能性があることが示唆された。

「これは、これらの患者の4分の3が、新しい人生で与えられた期間を見ていることを意味する」と、Tisch Cancer Institute(ニューヨーク、マウントサイナイ)のAjai Chari氏は述べている。「われわれは、患者が恩恵を受けることができるように、この知見がすぐに利用可能になることを望んでいる」

Talquetamabは、T細胞と多発性骨髄腫細胞の両方に結合する。これは、T細胞をがんに接近させることで骨髄腫細胞を破壊する免疫反応を活性化させるもので、研究者らはこの戦略を「敵に味方をする」と表現している。また、他の承認済み治療法とは異なる標的を使用あうる。この場合、標的はGPRC5Dとして知られるがん細胞表面に発現する受容体である。

多発性骨髄腫は、形質細胞にできる血液のがんである。いくつかの治療法があるが、予後は非常に悪く、治療に反応しない場合や数種類の治療を行っても再発する場合は、多くの患者が1年未満しか生存できない。

本試験では、既存の治療法に耐えられない患者や、少なくとも3種類の多発性骨髄腫治療後に病勢進行が見られた患者、合計288名が登録されている。

初期段階で安全性と有効性の面で良好な結果が得られたため、研究者らは追加患者を登録し、0.4mg/kgを毎週、0.8mg/kgを隔週で投与する2種類の投与レジメンで有効性を評価し始めた。

第1期で同じ投与法を受けた患者のデータは、第2期の解析に含まれた。

Talquetamab 0.4mg/kgを毎週投与した患者の74%、0.8mg/kgを隔週投与した患者の73%が、第2相試験の主要評価項目である治療後の測定可能ながんの改善を確認した。

両群とも3割以上の患者が完全奏効(骨髄腫特異的マーカーが検出されない)以上、6割近くが「非常に良好な部分奏効」(がんが大幅に縮小したが、必ずしもゼロにはならないことを示す)以上であった。

測定可能な奏効までの期間の中央値は両投与群で約1.2か月、奏効期間の中央値は週1回投与で現在までに9.3か月となっている。

研究者らは、0.8mg/kgを隔週投与したグループの奏効期間と、両投与グループの完全奏効以上の患者のデータを引き続き収集している。

副作用は比較的頻度が高かったものの、一般的に軽度だった。約4分の3の患者がサイトカイン放出症候群(T細胞をリダイレクトする治療法によく見られる免疫活性化の兆候で、通常、発熱を引き起こす)を経験した;60%が発疹などの皮膚関連の副作用を経験し、約半数が味覚の変化を、約半数が爪の障害を報告した。研究者らによると、5~6%の患者が副作用のためにtalquetamabの治療を早期に中止した。

このコホートで観察された奏効率は、現在利用可能なほとんどの治療法よりも高いとChari博士は説明しており、talquetamabが難治性骨髄腫患者にとって有効な選択肢となり、患者の寿命延長の可能性があることを示唆している。

別のコホートでは、過去にT細胞を誘導する治療を受けていた51名の患者がtalquetamabに反応を示した。さらに、他の既存および治験中の多発性骨髄腫治療薬との併用によるtalquetamabの使用を評価するいくつかの研究が進行中であり、これにより、患者は治療の早い段階で、同様の効果または改善された効果を得られる可能性がある。

本試験はJanssen Research & Development LLCの資金提供により実施された。

https://ecancer.org/en/news/22476-ash-2022-talquetamab-generates-high-response-rate-in-patients-with-hard-to-treat-multiple-myeloma

(2022年12月12日公開)

【11月2日19時より配信!】HIV Glasgow 2022速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
AIDS 2022 Conference News 速報
CROI 2022 Conference News 速報
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー