トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん EBCC 2022:良性乳房疾患の女性は乳がんのリスクが長期的に高くなる

28 Nov 2022

検診で良性乳房疾患と診断された女性の乳がんのリスクは約2倍になることが、第13回European Breast Cancer Conferenceで発表された研究により明らかになった。

乳房検診に参加している70万人以上のスペイン人女性を対象としたこの研究では、線維腺腫や嚢胞を含むあらゆる良性乳房疾患と診断された女性と、乳腺疾患と診断されなかった女性を比較した。

乳がんのリスクの増加は少なくとも20年間は続いており、研究者らは、このグループの女性たちは、がんを発症した人が、生存可能性の最も高い早期の診断を確かにするために、より頻繁に検診を受けることが有益であるとしている。

この研究は、スペイン・バルセロナにあるHospital del MarのMarta Roman博士によって学会発表され、International Journal of Environmental Research and Public Health誌に掲載された。対象は、1996~2015年の間に、スペインの20のセンターのいずれかで、少なくとも一度は乳房検診に参加した50~69歳の女性778,306人である。スペインでは、この年齢層のすべての女性に、2年に1度、乳房検診のマンモグラムが提供されている。

研究者らは、女性たちを2017年まで追跡調査し、その間、17,827人の女性が良性乳房疾患と診断されたのに対し、11,708人の女性が乳がんと診断された。

その結果、良性乳房疾患のある女性では、1,000人に25人程度が、その後乳がんと診断されることがわかった。良性乳房疾患のない女性では、1,000人に15人程度が乳がんと診断された。

リスクの増加は、年齢に関係なく良性乳房疾患の女性に見られ、リスクは少なくとも20年間持続した。4年未満の追跡調査の女性は乳がんと診断される可能性が99%高く、12年から20年の追跡調査の女性は乳がんと診断される可能性が96%高かった。

「これは重要なことである」と、Roman博士は説明する。「乳房の良性疾患は、単にがんになる可能性があるというだけでなく、乳がんのリスクが高いことを示す重要な指標であることが示唆された。実際、片方の乳房に良性の病気が見つかり、もう片方の乳房にがんが発生することはよくあることである」

「われわれは、他の危険因子に関する知識と共に、この知識を利用して、女性に提供する乳房検診を最適化することができる。例えば、良性乳房疾患と診断された場合、患者が乳がんの家族歴など、他の高いリスク因子を持っている場合、より頻繁にスクリーニングを受けることで恩恵を受ける可能性がある」

European Breast Cancer Council会長のDavid Cameron教授(University of Edinburgh Cancer Research Centre、英国)は、EBCC13で評議会を代表しており、この研究には関与していない。

Cameron教授によれば、「検診は、生存の可能性が高い早期の段階で乳がんを診断するのに役立つ。この大規模な研究は、良性乳房疾患と診断された検診プログラムの女性は、長期的に乳がんと診断されるリスクが高いようであり、そのため検診を強化することが有益であることを示している」

「マンモグラフィーは、嚢胞や線維腺腫など、がんではない乳腺疾患の兆候を見つけることがよくあり、これらの疾患を持つ女性の大半が乳がんに移行することはないことを覚えておくことが重要である」

https://ecancer.org/en/news/22383-ebcc-2022-women-with-benign-breast-disease-face-higher-risk-of-breast-cancer-in-the-long-term

(2022年11月18日公開)

【11月2日19時より配信!】HIV Glasgow 2022速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
AIDS 2022 Conference News 速報
CROI 2022 Conference News 速報
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー