トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん NICEの最終ガイダンス案では、トリプルネガティブ乳がんに新たな治療選択肢を追加

17 Nov 2022

NICEは、トリプルネガティブ乳がんに対する選択肢としてペムブロリズマブを推奨するガイダンスの最終案を発表した。

本ガイダンス案では、再発リスクの高いトリプルネガティブの成人早期乳がんに対するペムブロリズマブの使用について、ネオアジュバント治療として腫瘍の縮小を試みる化学療法との併用、およびアジュバント治療として単独使用を推奨している。

今回のガイダンス案により、NICEは4か月あまりの間にトリプルネガティブ乳がんの治療に対して3つの前向きなガイダンスを作成し、2018年以降乳がん全体では17のガイダンスを作成したことになる。

トリプルネガティブ乳がんは、他のタイプの乳がんよりも侵襲性が高く、5人に1人の割合であるにもかかわらず、乳がんによる死亡者数の4分の1を占める。

臨床試験の結果、手術前の化学療法にペムブロリズマブを追加し、手術後にペムブロリズマブ単独投与を継続すると、がんが消失する確率が高くなることが示されている。また、がん再発までの期間も長くなる。しかし、ペムブロリズマブによって寿命が延びるかどうかは明らかではない。

イングランドでは、トリプルネガティブ乳がん患者が約3,200名いると推定され、そのうち約1,600名が本ガイダンス案に基づくペムブロリズマブによる治療の対象となる。

委員会では、トリプルネガティブ乳がん患者には有効な治療法が比較的少なく、標準治療にペムブロリズマブを追加することは歓迎され、さらなる命綱となるとの考えが確認された。
とくに、トリプルネガティブ乳房は、他の乳がんに比べて再発リスクが高いからである。また、トリプルネガティブ乳がんは、若い家族のいる若年層と関連がある。

NICEの医薬品評価担当の暫定ディレクターであるHelen Knight氏は、次のように述べている。「トリプルネガティブ乳がんは、予後が比較的不良で、他のタイプの乳がんに比べて有効な治療法がほとんどない。このガイダンス案は、6月以降、NHSで日常的に使用される3つの新しい治療法を推奨することを意味し、このアンメットニーズに対処し、何千人もの人々に、より長く、より良いQOLについて希望を与えることに貢献する」

NICEは、早期または局所進行性トリプルネガティブ乳がんに対するペムブロリズマブの治療法について、2022年12月までに最終ガイダンスを公表する予定である。

https://ecancer.org/en/news/22367-nice-final-draft-guidance-adds-further-treatment-option-for-triple-negative-breast-cancer

(2022年11月8日公開)

【11月2日19時より配信!】HIV Glasgow 2022速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
AIDS 2022 Conference News 速報
CROI 2022 Conference News 速報
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー