トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん 次世代リキッドバイオプシーで、早期乳がんのナノサイズの兆候を検出

06 Oct 2022

米国カリフォルニア大学(USC)率いるチームは、リキッドバイオプシーと呼ばれる特殊な血液検査によって、患者が乳がんの初期段階にあるかどうか、そのがんが再発する可能性が低いかどうかを判断する可能性を見いだした。

この高解像度の包括的なリキッドバイオプシーは、診察室で患者の腕から通常の採血をして実施される。このサンプルががんの徴候があるかどうかを検査室で調べられる。

乳がんの早期発見のためのリキッドバイオプシーの成果を実証した研究は、Nature誌のnpj Breast Cancer誌に掲載された。
この研究は、USC、Billings Clinic、Duke University、Epic Sciences、USC Norris Comprehensive Cancer Centerの協力で行われた。

この結果は、いつの日か医師が簡単な採血で乳がんを発見できるようになることへの期待を抱かせる。

USC Michelson Convergent Science Institute in Cancer (CSI-Cancer)の研究者らは、今回の発見について慎重ではあるが、楽観的な見方をしている。彼らは、この結果がより大規模な臨床試験で証明され、世界中の患者にとってこの方法が有益であることを実証することを切望している。

CSI-Cancerを指揮するUSCのがん物理学者Peter Kuhn氏は、「簡単な採血で乳がん早期発見の方法を変える素晴らしい機会だが、現時点では研究成果にすぎず、まだ臨床的利益を実証する必要がある」と述べている。

乳がんは世界で最も罹患率の高いがんであり、女性の8人に1人が生涯に渡って罹患すると言われている。

1976年にAmerican Cancer Societyがこの技術を承認して以来、マンモグラフィーによるX線撮影と組織生検は、医師が乳がんをチェックする標準的な方法となっている。

しかし、マンモグラフィーの精度は100%ではなく、健康な密な組織によってその検出が妨げられることがある。Breast Cancer Surveillance Consortiumによると、マンモグラフィーの乳がんに対する感度は約87%である。 また、特に診療所や病院のない貧しい孤立した地域に住む女性にとって、マンモグラムを利用できない人もいる。また、単に定期的なマンモグラフィーを受けていない人もいる。

しかし、組織生検もまた、完全に信頼できる方法ではない。腫瘍に関する情報を明らかにすることはできるが、限界がある。医師が採取できるのは小さな領域だけで、腫瘍の全容を把握できない可能性がある。また、組織生検は侵襲的で痛みを伴う。

マンモグラムや組織生検による診断の欠点を合わせると、がんが大きくなって広がるまで診断されない患者もいるということになる。CSI-Cancer社のリキッドバイオプシーのような新しい方法論は、臨床の現場に補完的な手段をもたらすことができる。

この研究のために、Kuhn氏とそのチームは、2013年4月~2017年1月まで、100名の乳がん患者(一部は初期および末期)および40名の非乳がん患者を対象とした研究を行った。この研究は、USCのKeck MedicineのNorris Comprehensive Cancer Center、モンタナのBillings Clinic、ノースカロライナ州ダーハムのDuke University Cancer Institute、カリフォルニア州デュアルテのCity of Hope Comprehensive Cancer Centerなどの臨床施設で行われた。

研究チームは、高精細度リキッドバイオプシーにより、いわゆる「オンコソーム」(ナノサイズの膜状の貨物輸送機で、がん増殖のための体内環境を豊かにする)を含む複数のがんバイオマーカーを検出できるという理論を検証した。このオンコソームは、同グループが以前に示したように、がん細胞から分泌されるものである。
「USC Dornsife College of Letters, Arts and Sciencesの学部長教授でがん物理学者であるKuhn氏は、「今回のニュースは、早期乳がん患者の大多数が、このオンコソームを非常に強固なレベルで持っていることが分かったということである。「オンコソームの直径は約5-10ミクロンで、細胞の大きさとほぼ同じです。われわれは、約1年半前に、前立腺がんにこの大きな小胞を初めて確認し、がんと関係があることを示した。彼らは、ありふれた風景の中に隠れている」

さらなる研究で同様の結果が得られれば、次世代の高精細度リキッドバイオプシーが乳がんの早期発見やその他のがんの診断ツールとなる可能性を意味するという。また、この検査は、がん治療を受けた患者に、がんでない状態を維持できる可能性が高いことを知らせることができる。

『一般的に、私は悪い知らせの運び屋であり、「血液中にがんがありますよ」と言う』と、Kuhn氏は述べた。「しかし、このような検査は、がんの兆候があれば、非常に早期に発見し、治療や生存率を向上させることができるという希望を与えることができる」

https://ecancer.org/en/news/22245-a-next-generation-liquid-biopsy-detects-nano-sized-signs-of-breast-cancer-in-early-stage-patients

(2022年9月29日公開)

【11月2日19時より配信!】HIV Glasgow 2022速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
AIDS 2022 Conference News 速報
CROI 2022 Conference News 速報
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー