トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:肺がん 肺がん検診でステージ I の発見率が向上、ステージIVの発見率は低下

12 Sep 2022

International Association for the Study of Lung Cancerの機関誌であるJournal of Thoracic Oncology誌に発表された研究によると、異なる4つの医療システムで肺がん検診を実施した結果、ステージIの肺がん発見数が8.4%増加し、ステージIVの肺がん発見数は6.6%減少した。

University of Pennsylvaniaの主任研究員Anil Vachani医学博士によると、NLSTおよびNELSON試験で良好な結果が得られたにもかかわらず、臨床現場における肺がん検診の有効性は明確に証明されていないとのことである。

例えば、Vachani博士は、NLSTおよびNELSON試験で用いられた試験方法は、年1回の検診を非常に高い確率で守っていたが、今回の分析に含まれる医療機関を含め、地域環境において観察された検診率はかなり低いことを指摘した。

肺がん検診の最適化のための集団研究(PROSPR)コンソーシアム 114 は、Henry Ford Health System(HFHS)、115 Kaiser Permanente Colorado(KPCO)、Kaiser Permanente Hawaii(KPHI)、 Marshfield Clinic Health System(MCHS)、および University of Pennsylvania Health System(UPHS)という異なる医療システム 5 つの共同研究で構成されている。本調査では、MCHSは含まれていない。

この問題をより詳細に検討するため、Vachani博士と他の4つの医療システムの研究者らは、2014年1月1日から2019年9月30日の間に原発性肺がんと診断された患者を対象に、多施設共同コホート研究を実施した。

主要評価項目は、がんの病期分布と年齢調整後の年間肺がん発生率であった。

主要な曝露変数は、がん診断前に肺がんスクリーニングのための低線量CTを少なくとも1回受けたかどうかであった。

Vachani博士らは、2014年1月1日から2019年9月30日の間に原発性in situまたは浸潤性肺がんと診断された成人にコホートを限定した。

参加者は、過去に肺がんの診断を受けたことがある人、55歳未満または80歳以上の人、喫煙歴が「なし」と記録されている人、または不足している人は除外された。

研究期間中に肺がんと診断された3,678名のうち、404名(11%)は肺がん検診の開始後に診断された人だった。

検診ボリュームの増加に伴い、検診開始後に肺がんと診断される患者の割合も、2014年第1四半期の0%から2019年第3四半期の20%に上昇した。

肺がん検診は、2014年~2018年にかけて、肺がん全体の発生率(AAPC, -0.8 [95% CI -4.7, 3.2] )に大きな変化をもたらさなかった。

病期別の発生率は、ステージIで増加し(AAPC, 8.0 [95% CI 0.8, 15.7])、ステージIVで減少した(AAPC, -6.0 [95% CI -11.2, -0.5]).

ステージIの肺がんは年間平均8.4%増加し、ステージIVでは平均6.6.%減少した。

2018年には、こうした発生率の変化により、ステージIVのがんに比べ、ステージIのがんの発生率が高くなった。

肺がん全体の発生率に変化がなく、早期がんへの移行が進んだことは、検診の実施が、より進行した病期へと進む運命にある早期肺がんを発見するという望ましい効果を達成し、著しい過剰診断率をもたらさないことを示唆している。

Vachani博士は、「4つの異なる医療システムで肺がん検診を実施した結果、ステージIのがん発生率が高くなり、それに伴ってステージIVのがんが減少するという好ましい変化があった」と述べ、「肺がん全体の発生率は上昇しておらず、過剰診断の影響は限定的であることを示唆している」と述べた。

https://ecancer.org/en/news/22201-lung-cancer-screening-increases-percentage-of-stage-i-cases-detected-while-reducing-percentage-of-stage-iv-cases

(2022年9月7日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー