トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん 妊孕性温存処置は乳がん再発のリスクを増加させない可能性

05 Sep 2022

乳がんと診断された女性が妊孕性温存処置を受けることで、病気の再発や疾患特異的死亡率のリスクが高まらない可能性がある。

このことは、スウェーデンのKarolinska Institutが参加者を平均5年間追跡調査した研究で明らかになった。この結果は、JAMA Oncology誌に掲載され、今後、化学療法によるがん治療後に生殖能力を維持したいと考える女性に、安全性と新たな希望を提供する可能性がある。

乳がんに罹患した女性のほぼ10人に1人は妊娠可能な年齢であり、化学療法により不妊になるリスクがある。

がん治療終了後に子どもを授かることを希望して、多くの女性がホルモン刺激を伴う、または伴わない妊孕性温存処置を受けることを選択する。この方法には、胚、雌性配偶子(卵子)、卵巣組織の凍結保存が含まれる。

ホルモン陽性乳がんの女性やその治療医が、がんの再発や死亡リスクを高めることを恐れて、妊孕性温存処置を選択することは珍しいことではない。

また、妊娠を試みる前に5~10年待つよう勧められるケースもあり、年齢が上がるにつれて、すべての女性の妊孕性は低下していく。したがって、乳がん診断時の妊孕性温存処置の安全性について、より多くの知識が必要である」と、この研究の筆頭著者であるKarolinska Institutetの腫瘍病理学部のAnna Marklund研究員は述べている。

今回、Karolinska InstitutetとKarolinska University Hospitalの研究者は、乳がんの診断に伴う妊孕性温存処置が、病気の再発や死亡リスク上昇を伴うかどうかを調査した。この研究では、女性を平均5年間追跡調査した。

この登録研究は、スウェーデンで1994~2017年の間に乳がんの治療を受けた妊娠可能な年齢の女性1,275名を対象としている。このうち、425名はホルモン刺激の有無にかかわらず、妊孕性温存処置を受けた。対照群である850名の女性は、乳がんの治療を受けたが、妊孕性温存処置は受けなかった。

妊孕性温存処置を受けた女性と対照群の女性は、診断時の年齢、診断時の暦年、医療圏でマッチングさせた。統計データは、全国規模の医療登録と、転帰、疾患・治療関連変数、社会経済的特性に関するデータを含む人口登録の両方から取得された。

5年間に再発しなかった女性の割合は、卵巣へのホルモン刺激を行った人では89%、卵巣組織凍結を行った人では83%、妊孕性温存処置を受けなかった人では82%だった。

乳がん治療から5年後の生存率は、ホルモン刺激による卵子または胚の凍結を行ったグループで96%、ホルモン刺激を受けず妊孕性温存処置を行ったグループで93%、妊孕性温存処置を受けなかったグループで90%であることがわかった。

「妊孕性温存処置を実施した場合、妊孕性温存処置を実施しなかった女性と比較して、再発や死亡のリスクの増加は認められなかった。

本研究の最終著者であるKenny Rodriguez-Wallberg氏(Karolinska Institutetの腫瘍病理学部非常勤教授兼研究グループリーダーで、Karolinska University Hospital主任医師)は、「これは、妊孕性を維持したい若い乳がん患者の治療方針の変更に貢献する貴重な情報である」と述べている。

今後は、さらに5年後の結果を追跡調査する予定である。

https://ecancer.org/en/news/22175-fertility-preservation-measures-do-not-appear-to-increase-the-risk-of-breast-cancer-recurrence

(2022年8月26日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー