トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:膀胱がん 改良型膀胱がん治療薬、動物実験で有望視

31 Aug 2022

Texas Biomed社で開発された改良型結核ワクチンは、非筋肉浸潤性膀胱がんと呼ばれる膀胱がんの治療に対して強い副作用なしに効果がある可能性がある。

マウスモデルやヒトの細胞での結果は有望であり、ヒトでの臨床試験への道を開く。

この研究は、UT Health San Antonioとの緊密な協力のもとで行われ、6月にCancer Immunology, Immunotherapy誌のオンライン版に掲載された。
「助成金や産業界の支援があれば、このまま臨床試験に移行し、膀胱摘出以外の選択肢を持たない患者のために、この治療法を検討できると期待している」と、UT Health San AntonioのMays Cancer Centerで膀胱がん患者を治療する泌尿器がん専門医で、研究論文の共同主執筆者であるRobert S Svatek氏は述べている。

米国では毎年、男性約61,700名、女性約19,480名が膀胱がんにかかり、この病気による死亡者は約17,100名(男性12,120名、女性4,980名)だとAmerican Cancer Societyは発表している。

膀胱がんは、男性で4番目に多いがんである。

膀胱がんの約75%は、膀胱の筋肉ではなく、膀胱の内側を覆う組織が侵される「非筋肉浸潤型」に分類される。

1920年代に結核の治療薬として開発されたBCG(Mycobacterium bovis bacille Calmette-Guérin)ワクチンは、1970年代後半から筋層非浸潤性膀胱がんの治療にも用いられ、がん部位での免疫反応を誘導することで治療を行っている。
この種のがんに対しては、最初のがん免疫療法の一つであり、化学療法よりも有効である。しかし、最大84%の患者が強い副作用に耐えられず、3年間のBCG治療を完了することができない。

治療がうまくいかないと、最後の手段として膀胱を摘出することになり、QOL(生活の質)が低下する。

Svatek博士は、「本当によく効く素晴らしい薬があるにもかかわらず、それに耐えられない患者を想像してみてください」と言う。「われわれは、非常に限定された患者グループについて話しているが、その患者にとって、これは本当に、本当に重要である」。

Texas Biomed社のJordi B Torrelles教授(博士)は結核を専門としており、過去6年間、肺の結核治療を改善するための改良型BCGワクチンの研究に取り組んできた。

具体的には、Torrelles博士のチームは、BCGワクチンに含まれるバクテリアの細胞外皮からある種の脂質を除去している。

この「脱脂型」ワクチンは、体内でうまく制御された免疫反応を引き起こすが、深刻な組織損傷を引き起こす過剰な炎症は抑える。

「よりターゲットを絞り、長くゆっくりとした反応を可能にすることで、より効果的になる」と、Torrelles博士は言う。

Torrelles博士は、改良型ワクチンを膀胱がんに対しても試験するために、
Svatek博士とSouthwest Research Institute(SwRI)の医薬品開発を専門とする研究員Hong Dixon博士とチームを組んだ。

Torrelles博士の研究室では、米国で開発されたTICE亜型と呼ばれる結核菌と、日本で開発されたTokyo亜型と呼ばれる結核菌をベースに、2種類の脱脂型ワクチンを作製した。

Svatek博士の研究室では、膀胱がんモデルのマウスと、人間のがん患者から採取した細胞でテストをした。

その結果、両方の脱脂型BCGバージョンをテストしたところ、どちらもオリジナルのBCGワクチンと比較して、がんを殺す効果は同等であったが、改良東京バージョンの方が、はるかに炎症が少なく、副作用も最小限であることがわかった。

膀胱がんの改良型ワクチンで特許を取得しているTorrelles博士は、「株の間にこれほど明確な違いがあるとは思っていなかった」と述べた。

現在、共同研究者たちは、ヒトの患者を対象とした第1相臨床試験のための資金を集める予定である。

SwRIは、臨床試験用の改良型ワクチンの製造について評価を行っている。

「すでに米国FDAで承認されている治療法をベースにしているため、タイムリーに進められると期待している」と、Torrelles博士は述べている。

Article: Selective delipidation of Mycobacterium bovis BCG retains antitumour efficacy against non-muscle invasive bladder cancer

https://ecancer.org/en/news/22165-modified-bladder-cancer-treatment-shows-promise-in-animal-studies

(2022年8月23日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー