トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:頭頸部がん  head and neck societyが頭頸部がんサバイバーシップケアに関する勧告を発表

22 Aug 2022

European head and neck society(EHNS)は、頭頸部がんサバイバーシップケアに関する勧告を公表した。

Oral Oncology 誌に掲載されたこの勧告は、頭頸部がんのサバイバーシップケアは、集学的アプローチに従うこと、本疾患の心理社会的影響を慎重に考慮すること、そして頭頸部がんの多様な影響を反映した個人に応じたものであることが不可欠だと強調している。

「頭頸部がんは欧州で6番目に多いがんであり、2020年には168,000人が新たに診断された。この病気はサバイバーとその家族に壊滅的な結果をもたらす可能性がある」と、勧告の共著者でAmsterdam University Medical Centerの耳鼻咽喉科頭頸部外科部長のRené Leemans教授は述べている。

「これらは、欧州の医療環境に特化した初めてのサバイバーシップケア勧告であり、その発表は、現在の状況を反映し、サバイバーのためのより質の高いケアを支援するための最新のガイドラインに対する重要なニーズに応えるものである」

この勧告は、米国がん協会(ACS)が2015年に発表した「頭頸部がんのサバイバーシップケアに関する提言」を、広範な医学文献検索と専門家委員会のレビューに基づき改訂したものである。

改訂の目的は、頭頸部がんサバイバーシップケアに関する5つの主要分野(頭頸部がん再発の監視、二次原発がんのスクリーニング、長期的な身体的・心理社会的影響の評価と管理、健康増進、ケアの調整と実践への影響)においてACS勧告を更新し、欧州の医療環境に適応させることである。

「頭頸部がんサバイバーは多くの場合、継続的な治療と支援を必要とするが、現状のケアには格差がある」と、Amsterdam University Medical Center耳鼻咽喉科のIrma Verdonck-de Leeuw教授は述べた。「これらの勧告が、頭頸部がんを経験したすべての人に均一で質の高いケアを提供するためのギャップを埋める助けになることを願っている」

勧告の公表は、Make Sense キャンペーンの委任を受けた専門家による著者委員会によって完成した。Make Senseキャンペーンは2013年に開始され、EHNSによって運営されており、頭頸部がんに対する認識を高め、最終的には本疾患患者の転帰の改善を目的としている。

https://ecancer.org/en/news/22124-european-head-and-neck-society-issues-recommendations-for-head-and-neck-cancer-survivorship-care

(2022年8月9日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー