トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 致命的ながんを引き起こすタンパク質はどのように遊離するのか

27 Jul 2022

カリフォルニア大学Irvine校が主導する、腫瘍細胞内で特定のタンパク質が活性化する仕組みに関する発見により、致命的ながんに対するより優れた治療法が実現する日が近いかもしれない。

生物学部の研究者らが中心となって進めてきたこの発見は、特に危険性の高いメラノーマや膵臓腺がん、また最も一般的な小児脳腫瘍や成人の皮膚がんに対する治療法の可能性につながるものと期待される。

このプロジェクトに関する論文はLife Science Alliance誌に掲載されている。

GLI1タンパク質は、細胞の発生に重要な役割を果たすが、さまざまながんで発現していることが分かっている。

GLI1は通常、ヘッジホッグシグナル(Hh)伝達経路によって活性化される。

しかし、Hhとマイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路のクロストーク(相互作用)ががんに関与していることは、10年ほど前から科学者たちの間で知られていた。

「場合によっては、ある経路のタンパク質が別の経路のタンパク質を活性化することがある」と、カリフォルニア大学のDepartment of Developmental and Cell Biologyのプロジェクト科学者で筆頭著者であるA. Jane Bardwell氏は述べた。「これは複雑なシステムである。我々は、MAPK経路のタンパク質によってGLI1が活性化される分子メカニズムを解明したいと考えた」

GLI1は通常、SUFUと呼ばれるタンパク質と強固に結合している。

このタンパク質はGLI1を抑制し、細胞核への侵入を防ぎ、遺伝子を活性化する。

研究者らは、GLI 1タンパク質のうちリン酸化される、またはリン酸基が付加する7つの部位を調べた。

「我々はリン酸化され、GLI 1とSUFU間の結合を弱めることに関与する3つの因子を同定した」と、プロジェクトを主導した研究室のdevelopmental and cell biology教授であるLee Bardwell氏は述べた。「このプロセスはGLI 1を活性化し、細胞の核に入ることを可能にし、そこで制御不能な増殖を引き起こし、がんを引き起こすことがある」

Bardwell氏は、3つの部位すべてがリン酸化されると、そのうちの1つまたは2つだけがリン酸基を付加させた場合よりも、SUFUからのGLI 1の放出が有意に高くなることを指摘した。

この発見は、より効果的で個別化されたがん治療に向けた重要な一歩となる。

「もし、特定のがんや腫瘍で何が起こっているのかを正確に理解できれば、特定の腫瘍や個々の患者に特有の薬剤を開発することが可能になるかもしれない」と、Bardwell氏は述べた。「それは、基本的な化学療法の毒性なく、これらの疾患を治療することを可能にするだろう」

さらに、同じがんに由来する多くの腫瘍は、個体間で異なる突然変異を有する。

最終的には、腫瘍をスクリーニングして、それぞれに最適なアプローチを開発することが可能になるかもしれない。

Article: ERK2 MAP kinase regulates SUFU binding by multisite phosphorylation of GLI1

https://ecancer.org/en/news/22047-how-a-protein-breaks-free-to-cause-deadly-cancers

(2022年7月19日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー