トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:前立腺がん EAU 2022:前立腺がんの男性では腸内細菌が異なる

06 Jul 2022

研究者らは、前立腺がんの男性の腸内細菌叢が、生検が良性だった人と比べて大きな差があることを発見した。

この研究は、アムステルダムで開催される欧州泌尿器科学会年次大会(EAU22)で発表される。

この知見により関連性があることはわかり、前立腺がんにおける生活習慣の影響と地理的な違いとの関係を一部説明できる可能性がある。

腸内細菌叢とは、消化管に存在する微生物の集まりで、体内のプロセスやメカニズムに影響を与える。

腸内細菌叢の状態は、腸から遠い臓器であっても多くの疾患と関連しているが、前立腺がんにおける役割は解明されていない。

University of TurkuのPeter Bostrom教授らは、前向き多施設共同臨床試験(NCT02241122)の患者から採取した試料を用いた。

前立腺がんの疑いがあり、前立腺がんの診断を受けている男性181名の腸内細菌叢の配列を決定した。

MRI検査後の前立腺生検の際に、微生物叢のサンプルを採取した。

それらの男性の60%が前立腺がんと診断され、その腸内細菌叢のプロファイルは生検が良性の人と大きく異なっていた。

がんにかかった男性では、Erysipelotrichaceae科のPrevotella 9と、下痢の原因となるEscherichia-Shigellaという病原体の濃度が上昇していた。

また、Jonquetella、Moryella、Anaeroglobus、Corynebacterium、CAG-352のレベルも、そうでない男性に比べて低かった。

Bostrom教授は、「世界の前立腺がんの発生率には大きなばらつきがあるが、これは遺伝的要因や医療政策の違いだけでなく、ライフスタイルや食事にもばらつきがあるためと考えられる。前立腺がん患者と非前立腺がん患者の腸内細菌叢の違いは、こうしたばらつきの一部を支えている可能性がある。診断と予防の両方の戦略に腸内細菌叢を利用する可能性を見るために、さらなる研究が必要である」」と述べている。

前立腺がんは世界的に最も多い男性のがんだが、地域によってその発生率が異なることはあまり理解されていない。

欧米のほとんどの国では一般的だが、それ以外の地域ではあまり一般的ではない。

遺伝性であることは知られているが、発生率の低い地域から高い地域に移住した男性は生涯に渡って前立腺がんのリスクが高くなり、その子孫は発生率の高い地域のリスクを持つというエビデンスがある。

Aarhus Universityの分子医学教授で、EAU22泌尿器科学会議委員会のメンバーであるLars Dyrskjøt Andersen氏は、「これはきちんと実施された大規模な試験から得られた特筆すべき所見である。複雑な疫学に関しては、観察された関連性に注意する必要があり、これに基づいて因果関係を判断することはできないが、確かに腸内細菌叢は、前立腺がんリスクに関する理解を深めるために、さらに調査すべき重要な領域である可能性がある」と述べている。

https://ecancer.org/en/news/22012-eau-2022-gut-microbes-differ-in-men-with-prostate-cancer

(2022年7月1日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー