トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん ASCO 2022:新規抗体薬物複合体がHER2発現量の低い転移性乳がんにおける無増悪生存期間を2倍に延長

22 Jun 2022

HER2標的の新規抗体薬物複合体であるトラスツズマブ・デルクステカン(エンハーツ®)により、従来の化学療法の標準治療と比較して、無増悪生存期間が2倍になった。

また、ホルモン受容体の有無にかかわらず、HER2受容体を低レベルで発現している転移性乳がん患者の全生存期間も有意に延長した。

今回の研究成果は、HER2低下乳がんという新たな乳がんのサブセットを特定し、多くの転移性乳がん患者の治療法を再定義するもので、医療現場を変えるものである。

この新しい研究成果は、2022年ASCO年次総会で発表された。

DESTINY-Breast04試験では、患者は医師が選択した標準化学療法(カペシタビン、エリブリン、ゲムシタビン、パクリタキセルまたはナブパクリタキセル)、またはHER2モノクローナル抗体のトラスツズマブとがん細胞のDNA複製を阻害するトポイソメラーゼI阻害剤の デルクステカンと結合した新しい抗体医薬複合体、トラスツズマブ・デルクステカンの投与を受けた。

トラスツズマブ (ハーセプチン®) は, HER 2発現が高いがん (HER 2陽性乳がんと呼ばれる) では有効であるが、HER 2発現が低いがんでは有効でないことが証明されているため、トラスツズマブは乳がん患者のサブセットにのみ利用可能である。

主要評価項目であるHER2低値かつホルモン受容体陽性(HR+)のがん患者におけるPFSは、トラスツズマブ・デルクステカンが標準化学療法の約2倍(10.1か月対5.4か月)となった。

副次評価項目であるOSについても、トラスツズマブ・デルクステカンを投与したHER2低値、HR+のサブグループにおいて、標準療法と比較して有意な改善が認められた(23.9か月対17.5か月)。

治療関連の有害事象は、トラスツズマブ・デルクステカン投与群では、標準化学療法を受けた患者よりも少なかった(52.6%対67.4%)。

これは、これらの薬剤の過去の臨床試験と一致する。

安全性に関する新たな懸念は確認されなかった。

「本研究は、トラスツズマブ・デルクステカンが、この新しく定義された患者集団に利用可能であり、きわめて有効な新しい標的療法の選択肢となり得ることを示している」と、ニューヨークのMemorial Sloan Kettering Cancer Centerの腫瘍学者であり、筆頭著者のShanu Modi氏は述べている。
「とくに、HER2低値の状態は一般に入手可能な検査で判断できるため、陽性か陰性かだけでなく、自分のがんのHER2発現の程度を知ることは患者にとって重要である」

HER2の発現は、がん細胞上のHER2タンパク質量の測定検査や、がん細胞内のHER2遺伝子のコピーをカウントする検査によって決定される。

2022年に米国で新たに診断される乳がんは290,560例と推定されている。

侵攻性の最も高い転移性乳がんの診断を受けた人のうち、約15~20%がHER2陽性とされ、HER2標的治療薬の投与対象になると考えられる。

残りの約80%の転移性乳がんは、現在HER2陰性に分類され、そのうち約55~60%はHER2が低レベルで発現している。

DESTINY-Breast04は、アジア、欧州、北米において、転移性乳がんに対して1~2種類の化学療法を実施したHER2低下型転移性乳がん患者557名を登録した二重盲検第III相試験であり、本試験では、HER2低下型転移性乳がんに対する化学療法を実施した。

参加者は2対1の割合で、トラスツズマブ・デルクステカンと、医師が選択したいくつかの標準化学療法薬のいずれかに無作為に割り付けられた。

主要評価項目は、HR+の患者におけるPFSだった。

主要副次評価項目は、全患者(HR+およびHR-疾患)のPFSと、全患者およびHR+疾患のOSだった。

その他の評価項目は、客観的奏効率、奏効期間、安全性、およびHR-患者に関する予備解析である。

トラスツズマブ・デルクステカンは、抗HER2療法に基づく前治療を受けた切除不能または転移性HER2陽性乳がんの成人患者の治療薬として、すでに40か国以上で承認されている。2022年4月27日、FDAは、トラスツズマブ・デルクステカンをHER2低下転移性乳がんに対するBreakthrough Therapy Designationとして承認した 。本試験は、第一三共株式会社、アストラゼネカ株式会社から資金提供を受けて実施された。

次なるステップ
現在、HER2低下転移性乳がん患者を対象に、トラスツズマブ・デルクステカンの使用が研究されており、そのうちのいくつかは、トラスツズマブ・デルクステカンの活性に必要なHER2発現量の閾値を調査している。

https://ecancer.org/en/news/21921-asco-2022-novel-antibody-drug-conjugate-doubles-progression-free-survival-in-metastatic-breast-cancer-with-low-her2-expression-levels

(2022年6月5日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー