トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:肉腫 ASCO2022:再発・原発性難治性ユーイング肉腫に対する標準治療として実証された高用量イホスファミド

21 Jun 2022

2022年ASCO年次総会で発表される研究結果によると、高用量イホスファミド(イフェックス)は、再発・原発性難治性ユーイング肉腫の治療に用いられる他の3つの標準治療と比較して優れていることが明らかになった。

rEECur試験は、再発・原発性難治性ユーイング肉腫に最もよく使用される4種類の化学療法レジメンの毒性および生存データを比較した最初の試験で、無イベント生存期間中央値が、高用量イホスファミドにより、トポテカン+シクロホスファミド3.7か月より5.7か月延長したことが示された。OS中央値は、イホスファミドが16.8か月、トポテカン+シクロホスファミドが10.4か月であった。
14歳未満の患者では、14歳以上の患者に比べてより大きな生存率の差が観察された。
試験の初期段階において、イリノテカン+テモロゾミドとゲムシタビン+ドセタキセルはイホスファミドより劣ることが判明し、これらの登録群は試験から除外された。

イホスファミドは、トポテカン+シクロホスファミドよりも脳および腎毒性を引き起こした。

イホスファミドとトポテカン+シクロホスファミドの併用療法では、発熱性好中球減少症(発熱と白血球の一種である好中球数が通常より少ない)が、それぞれ26%と25%の患者でそれぞれ認められた。

QOLスコアは、小児ではイホスファミドがトポテカン+シクロホスファミドに対して有利であったが、成人ではそうではなかった。

「rEECur 研究では、広く使用されている 4 種類の化学療法レジメンについて初めて無作為化データを収集し、現在、5 種類目のレジメンについてもデータを収集中である。rEECur試験以前は、再発・原発性難治性ユーイング肉腫患者に対する薬剤選択の根拠が弱く、どの治療法が最も有効で、あるいは最も毒性が強いかを臨床医や患者が知るための無作為化試験を欠いていた」と、英国University of Manchesterの小児・思春期腫瘍学臨床上級講師である筆頭著者のMartin McCabe氏は述べている。

1987年に米国で初めて承認されたイホスファミドは、DNAにアルキル基を付加することにより、最終的にDNA鎖を切断し、がん細胞の増殖能に影響を与えるという作用を持つ。

再発・原発性難治性ユーイング肉腫の現在の5年生存率は約15%である。

ユーイング肉腫は、米国では毎年約200名の子どもと10代の若者が診断される珍しい病気である。

第II/III相rEECur試験では、欧州の4歳~50歳 (年齢中央値19歳) の再発・原発性難治性ユーイング肉腫患者が、トポテカン+シクロホスファミド、イリノテカン+テモロゾミド、ゲムシタビン+ドセタキセル、または高用量イホスファミドのいずれかにランダムに割り付けられた。

主要評価項目は、第 III 相比較試験における無イベント生存期間である。

副次的評価項目は、画像診断、OS、毒性とQOLの検討である。

第1回および第2回の中間評価では、イリノテカン+テモロゾミドおよびゲムシタビン+ドセタキセル投与の患者の客観的奏効率と無イベント生存期間が他の治療法に比べて悪かったため、両群の募集を停止した。

最終的な評価は、トポテカン+シクロホスファミドとイホスファミドの第III相比較評価となった。

追跡期間中央値は40か月だった。

このレジメンは、試験開始当時、欧州で再発・難治性ユーイング肉腫に最も広く使用されていたレジメンであるため選択された。

イリノテカン+テモロゾマイドやトポテカン+シクロホスファミドなど、分子標的薬の試験で化学療法のバックボーンとして使用されているレジメンもあり、これらの選択は重要であった。

本試験では、引き続きイホスファミド投与群の患者を募集している。

また、カルボプラチンとDNAに損傷を与えるエトポシドを含む5番目の化学療法群も追加された。

年内には、分子標的治療を含む新しい療法群を導入する予定である。

「再発・原発性難治性ユーイング肉腫患者に対するイホスファミドの全生存率改善効果を示すデータは、診療を変える可能性がある。この試験以前は、最も一般的に使用されているレジメンを直接比較することはできず、治療法の選択に役立てることはできなかった。rEECur試験の知見は、医師が客観的な無作為化データに基づき、再発ユーイング肉腫に利用できる各レジメンの奏効の可能性、生存率、毒性について患者やその家族と話し合うのに役立つ」と、肉腫分野のASCO Expert であるVicki L. Keedy氏は述べている。

https://ecancer.org/en/news/21920-asco-2022-high-dose-ifosfamide-demonstrated-as-a-standard-of-care-for-recurrent-and-primary-refractory-ewing-sarcoma

(2022年6月5日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー