トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 がんの原因を特定する研究

30 May 2022

イェール大学が率いる研究チームは、現在、ほとんどの主要な種類の腫瘍において、がんの増殖に最も寄与するDNAの変化を引き起こす要因を定量化することが可能である。

研究チームは、この新しい分子解析手法により、ヒトが時間経過とともにどの程度がんの発生をコントロールできるのかという長年の議論が明確になったと、Molecular Biology and Evolution誌に発表している。

特定の遺伝子変異の発生状況を調べることで、紫外線のような予防可能な曝露が24種類のがんの腫瘍増殖をどの程度引き起こしたかが明らかになると、YSPH(Yale School of Public Health) の生物統計学部門のElihu教授であるJeffrey Townsend博士は述べている。

「我々の知る限りでは、今、“これらの細胞を正常な組織のままではなく、がんに変化させた重要な変異の根本的な原因は何か”という疑問に答えることができる」と彼は述べた。

米国で最も多く発生しているがんの中には、人間の判断で高度に予防できるものがあることが知られている。メラノーマなどの皮膚がんは紫外線に長時間さらされることが大きな原因であり、肺がんは喫煙が原因であることが多い。

しかし、科学者たちは、予防可能な措置によって個々の腫瘍がどの程度発生したのかを、老化や「偶然」と比較することに長年苦労してきた。

これまでにも、科学者たちは、組織内のゲノムを変化させる特定の突然変異を引き起こす特定の要因がどのように作用するかを確実に予測できることを示した。Townsend氏らは、この知見とそれぞれの突然変異のがんへの寄与を定量化する方法を組み合わせることによって、がんの発生における既知の因子と未知ではあるが特定された因子に割り当てるべき具体的な割合を示した。

「ゲノムに起きたことをがんに結びつける最後のパズルのピースが与えられた」と彼は説明した。「これは本当に直接的である。我々があなたの腫瘍を観察すると、何ががんを引き起こしたのか、その原因について書かれた信号を確認する」

彼らは報告書の中で、一部のがんは他のがんよりもコントロールしやすいと書いている。

例えば、膀胱や皮膚の腫瘍形成には、予防可能な要因が大きな割合を占めている。しかし、前立腺がんや神経膠腫は、老化に伴う体内プロセスに起因する部分が大きいことが分かった。

また、異常にがんの発生頻度が高い地域の住民や職業も、この知見を利用して発がん性物質への曝露事例を発見できる可能性があるとTownsend氏は示唆した。

因子の割合を把握することで、腫瘍増殖につながる根本的な原因を明らかにできる可能性があるため、このアイデアは有望であると同氏は述べた。

「自分のがんの原因が何であるかを知るためのフィードバックを提供するという点で、これは有用かもしれない」と彼は述べた。「誰もが知りたいと思うわけではないが、個人的なレベルでは、自分のがんがその原因によるものだと考えることは有益かもしれない」

腫瘍を引き起こすすべての遺伝子変化が現在のアプローチに組み込まれているわけではないため、重複遺伝子や染色体などの複雑な遺伝子変化を完全に理解するには、さらなる研究が必要である。

腫瘍増殖につながる新しい因子の発見は現在も続いているため、Townsend氏は、現在のアプローチでは 「完全な説明」 ができないと警告している。そして、彼のチームの方法は、発生頻度の低い多くのがんに対しては未だ研究されていない。

とはいえ、今回の研究結果は、公衆衛生当局はがんの発生源がより多くの腫瘍につながる前に迅速に特定し、命を救うのに役立つ可能性がある。

「これらの予防可能な特徴への曝露を最小限に抑えることを目的とした公衆衛生の介入は、がんの表現型に直接寄与する変異の蓄積を防ぐことによって、疾患の重症度を軽減するだろう」と研究者らは論文に記している。

https://ecancer.org/en/news/21818-study-identifies-causes-of-cancer

(2022年4月27日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー