トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん 乳がんの個別化治療の新たなマーカーの可能性を発見

30 May 2022

University of Southamptonの新しい研究では、体重過多および肥満の患者の乳房腫瘍を取り囲む「冠状構造」が、治療への反応を妨げる可能性があることが示された。

本研究で得られた知見は、HER2陽性過剰発現乳がん患者に対する個別化治療の改善に利用できる可能性がある。

脂肪組織(体脂肪)は、健康な人間の乳房の重要な構成要素であり、なおかつ、高い肥満度(BMI)は乳がん発症のリスク上昇と関連している。

また、太りすぎの患者は、健康な体重の患者に比べて生存率が悪くなる。

BMIの高い患者では、乳房周囲の体脂肪が増加することにより、マクロファージと呼ばれる炎症性免疫細胞が乳房の脂肪組織に集まってくることがある。

そして、これらのマクロファージは、これらの脂肪細胞を取り囲むことによって、「冠状構造」と呼ばれるものを形成することができる。

そして、これらのマクロファージは、これらの脂肪細胞を取り囲むことによって、「冠状構造」と呼ばれるものを形成することができる。

この冠状構造が、乳がんの進行や治療にどのように影響するのかは、ほとんどわかっていない。

Stephen Beers教授、Ramsey Cutress教授、Charles Birts博士が率いる研究チームは、HER2陽性乳がん患者グループのサンプルを評価し、高いBMIと冠状構造の形成の関連性、および、その後のトラスツズマブ(Herceptin®)による治療に対する患者の反応への影響を調査した。

Scientific Reports誌に発表されたこの結果は、太りすぎまたは肥満の患者では、腫瘍を取り巻く脂肪組織に冠状構造が有意に多く、このことが、患者の治療効果のマーカーである転移までの時間との関連を示した。

そして、この冠状構造を持つマクロファージの表面に、CD32Bという潜在的な分子バイオマーカーがあることを発見した。

このマーカーが太りすぎや肥満の患者に存在する場合、トラスツズマブ療法に対する反応性はより低いものだった。

University of Southamptonの免疫学・免疫療法学教授であるStephen Beers氏は、「今回の研究成果は、HER2陽性過剰発現乳がん患者における個別化治療の開発に利用できる可能性があり、乳がん治療に携わる臨床医や研究者にとって興味深いものである」と述べている。

「例えば、BMIが高く、冠状構造にマーカーがある患者は、トラスツズマブ療法への反応が悪い可能性があることを医師は知ることになる」
そのため、治療の早い段階で、より強力な抗HER2療法が有効である可能性がある。
「一方、この研究は、トラスツズマブ治療が、このマーカーを持たない患者にいかに有効であるかを明らかにした。これらの患者は、より低用量の抗HER2療法の恩恵を受けることができ、副作用を最小限に抑えることができる可能性がある。この最初の知見を確認するために、より多くの患者を対象としたさらなる研究が必要である。
研究チームは現在、乳がん治療への反応を改善するために、この冠状構造の性状を変化させる方法を探している。

https://ecancer.org/en/news/21871-scientists-discover-a-potential-new-marker-to-personalised-therapy-for-breast-cancer

(2022年5月24日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー