トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:膀胱がん 肺がん治療薬が化学療法中の膀胱がん患者の生存率を改善する可能性

20 Apr 2022

University of Sheffieldの研究者らは、肺がんの治療にすでに使用されている薬剤が、膀胱がん患者の生存率を向上させる可能性があることを発見した。

研究者らは、現在非小細胞肺がんの治療に用いられている標的がん増殖抑制剤であるニンテダニブを化学療法に加えることで、膀胱がん患者の1年、2年、5年後の全生存率が有意に改善することを発見した。

University of Sheffieldの腫瘍代謝科のSyed A Hussain教授が主導するNEOBLADE第2相ランダム化比較試験は、英国の15の病院から合計120名の患者を採用した。

本試験の主要評価項目は、筋層浸潤性膀胱がんに対する化学療法を受けている患者に、がん細胞が増殖するためのシグナルを送る異なるタンパク質をブロックする薬剤ニンテダニブを加えることで、病理学的完全奏効(治療後に検出できるがんが全くないこと)が向上するかどうかの検証だった。

本日(2022年4月11日)、The Lancet Oncology誌に発表された本試験では、この主要評価項目の有意な改善は認められなかったが、ニンテダニブの追加により全生存率が向上することが示され、今後、大規模な試験でさらなる調査が必要な状況である。

University of Sheffieldの腫瘍学教授であるSyed A Hussain氏は、次のように述べている。「これは非常にエキサイティングで重要な試験である。化学療法にニンテダニブを追加することで、病理学的完全寛解という即時の結果には改善がみられなかったが、膀胱がん患者の全生存率の改善という点では有望な結果が得られた。

「これらの結果は、がん細胞の微小環境の変化が生存に寄与していることに関連している可能性がある」

「また、本試験では、患者が自宅で服用できる錠剤タイプの本薬剤の忍容性が確認された。これは、化学療法を受けている患者がすでに経験している副作用に重大な副作用を加えるようには思われず、非常にポジティブな結果である」

NEOBLADE試験では、1年後の全生存率はニンテダニブ群96%、プラセボ群81%、2年後はニンテダニブ群89%、プラセボ群69%、5年後はニンテダニブ群60%、プラセボ群49%と、いずれも高い生存率を示した。

Hussain教授は、「これは小規模な試験だが、結果は有望であり、より大規模な無作為化試験でさらに調査する必要がある」と付け加えている。英国では、毎年10,000人以上が膀胱がんと診断され、5,500人近くがこの病気で亡くなっている。

「とくに、本薬剤が標的とする特定のバイオマーカーに変化がある患者では、がん細胞が腫瘍を離れて全身に広がるリスクが高いと考えられるため、化学療法の標準治療にこの標的抗がん剤を追加することの潜在的な影響を調べたいと考えている」

「ニンテダニブが特定のバイオマーカーを阻害することにより、臨床転帰を改善する可能性を示唆するいくつかの証拠があり、この治療法は最大の可能性を持っている。現在、患者サンプルから学ぶ、さらなるトランスレーショナルスタディが計画されている」

University of Sheffield泌尿器科外科教授で、本研究の共著者であるJames Catto氏は、次のように述べている。「これらの知見は非常にエキサイティングである。異なる作用機序の薬剤を組み合わせることが可能であり、患者にも受け入れられ、長期的な予後を改善することが示された。この研究は、この一般的ながんを治療するための、より個別化されたアプローチの始まりとなる」

この医師主導型研究は、Boehringer Ingelheimの資金援助により、Liverpool Clinical Trials Centreを通じて実施された。リバプールのClatterbridge Cancer Centreから支援を受けた。

https://ecancer.org/en/news/21779-lung-cancer-drug-could-improve-survival-rates-for-bladder-cancer-patients-undergoing-chemotherapy

(2022年4月14日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー