トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん 乳がんの新たな防御メカニズムを発見

05 Apr 2022

スウェーデンのKarolinska Institutetの研究者らは、乳がん患者の予後改善につながる、乳がんの増殖を抑えるたんぱく質を特定した。

この成果は、Nature Communications誌に掲載され、治療困難な乳がんの新しい治療法の開発に貢献するものと期待されている。

乳がんは、生涯で約10%の女性が罹患し、医療や社会にとって大きな負担となっている。エストロゲン受容体(ER)を持たないためホルモン療法に反応しないER陰性乳がんは、治療の選択肢が少ない。とくに治療が困難なのは、ERだけでなく、プロゲステロン受容体やHER2受容体も欠く、いわゆるトリプルネガティブ乳がんである。

カロリンスカ研究所生化学・生物物理学科教授のPer Uhlén氏は、「ER陰性乳がんの増殖を制御する新しい分子メカニズムの特定は、新しい治療ターゲットになる可能性があり、必要不可欠である」と述べている。

Uhlén教授らは、遍在するタンパク質GIT1がいわゆるNotchシグナルを制御し、ER陰性乳がんの発生や増殖に影響を与える新たなメカニズムを明らかにした。

予後の改善と関連
乳がん患者の腫瘍細胞を用いた研究では、高レベルのGIT1はNotchシグナルを阻害して腫瘍の成長を防ぎ、低レベルのGIT1は腫瘍の成長を促進させることが示された。患者のER陰性乳房腫瘍は、ER陽性乳房腫瘍よりもGIT1レベルが低かった。また、GIT1が高レベルのER陰性乳がん患者は、低レベルの患者よりも予後が良好であることが示された。

Notchシグナルは、進化的に保存された細胞間情報伝達機構であり、全身のほとんどの臓器において、また細胞発生のさまざまな段階において、細胞の運命決定を制御することが示されている。乳がん患者におけるNotchシグナルの過剰な活性は、予後の悪化につながると以前から言われている。

「今回の成果は、乳腺腫瘍の発生と成長を制御するメカニズムについて重要な情報を提供する」と、Uhlén教授は述べている。「これらの知見が、治療困難な乳がん患者のための新しい治療法の開発に役立つことを期待している」

クリニックとの連携
研究グループは、がん患者を治療する臨床医と積極的に協力し、患者の治療に不可欠な研究テーマに取り組んでいる。

「重症患者のためになる研究をしたい」と、Uhlén教授は述べる。「Karolinska Institutetには、新しい治療法の開発を後押しする最先端のツールや設備がある」

本研究は、Swedish Research Council、Swedish Cancer Society、Knut and Alice Wallenberg FoundationのWallenberg Academy Fellow助成金などの助成を受けて、Karolinska Institutetで実施された。著者は、競合する利害関係を公表していない。

https://ecancer.org/en/news/21697-study-identifies-new-protection-mechanism-in-breast-cancer

(2022年3月23日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー