トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 免疫システムの組織の損傷に対する反応はがん拡散を促進する可能性がある

03 Mar 2022

Francis Crick Instituteの研究者らは、放射線による損傷を受けた組織の再生に関わるプロセスががん拡散を助長することを明らかにした。

がんが体中に広がるのは複雑なプロセスであり、そのメカニズムをより深く理解することは、新しい治療法の開発にとって不可欠なことである。

この研究成果はNature Cancer誌に掲載され、研究者らは健康な組織の修復とがんの増殖の関係について調べた。

研究チームは、多くのがんが転移しやすい場所である健康なマウスの肺に高線量の放射線を照射し、組織を損傷させることに成功した。

そして、乳がん細胞が損傷部位で増殖する可能性を、損傷していない肺と比較して検証した。放射線で傷ついたマウスでは、そうでないマウスに比べて、より多くのがん細胞が肺に拡散し、二次腫瘍を形成し始めた。

さらに実験を続けた結果、これは免疫細胞の一種である好中球のシグナル伝達によるもので、組織の損傷を修復する働きがあることがわかった。研究者らが、傷ついた肺の好中球からのシグナル伝達を遮断したところ、二次的な腫瘍が大幅に減少した。

筆頭著者で、Francis Crick InstituteのTumour-Host Interaction LaboratoryのポスドクであるEmma Nolan氏は、「組織の損傷ががん拡散の舞台となり、損傷した組織を修復しようとして、免疫システムが誤ってがんを助けてしまう。がん拡散を助ける好中球のこの役割は、さらなる研究が必要で、疾患治療の新しい方法を特定するのに役立つ可能性がある」と述べている。

著者であり、Francis Crick InstituteのTumour-Host Interaction LaboratoryのグループリーダーであるIlaria Malanchi氏は、「がん細胞、免疫システム、がんが定着する臓器の関係は非常に複雑である」と述べている。そして、この網の目を解きほぐすことで、がんがなぜ拡散するのか、がん細胞が臓器に到達する素因は何か、最終的にどうすればがんを阻止できるのかをより理解することができる」と述べている。

この研究でマウスに照射した放射線は、病院で行われる放射線治療よりも高い線量であり、組織のかなり大きな割合を標的としたことに注目することが重要である。技術の進歩により、放射線被曝はがん組織に限定されるようになり、放射線治療はがんを制御するための強力な武器となった。

Ilaria氏は、今回報告した放射線に対する好中球の新たな反応を明らかにすることで、がん治療として高く評価されているこの治療法の効果をさらに高めることができる可能性があると述べた。

https://ecancer.org/en/news/21632-how-the-immune-system-responds-to-tissue-damage-can-aid-cancer-spread
(2022年2月25日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー