トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:大腸がん 減量により大腸がんに関連する増殖のリスクが低減する

28 Feb 2022

オックスフォード大学出版局発行のJNCI Cancer Spectrum誌に掲載された新たな論文によると、過体重や肥満の人が減量すると、後に大腸腺腫(結腸や直腸の良性腫瘍やポリープの一種で、大腸がんにつながる可能性がある)を発症する可能性を低減できる可能性があることが示された。

大腸がんは、米国では男女ともに3番目に多いがん種であり、がんによる死亡原因の第3位となっている。

過去30年間で、米国および世界的に肥満が増加し、多くの慢性疾患の発症を増加させている。肥満は、大腸腺腫や大腸がんの危険因子であることが知られている。

医師は、太りすぎや肥満の人によく減量を勧める。減量は健康に有益な効果をもたらすと考えられているが、減量することで大腸腺腫の発症率が低下するかどうかは未解決の問題であった。

多くの研究では、大腸腺腫のリスクは一時点での肥満や肥満度との関連で評価されており、体重の変化による影響を評価する研究はほとんどない。

研究者らは、Prostate, Lung, Colorectal and Ovarian Cancer Screening Trialの自己申告体重データを用いて、成人期の3期間における体重変化(体重増加と体重減少の両方を含む)を大腸腺腫との関連で評価した。

この試験は、1993~2001年にかけて、米国の55~74歳の男女154,942人を登録し、さまざまながんによる死亡を予防するためのさまざまなスクリーニング方法の有効性を評価したものである。今回の研究では、この試験のスクリーニング群の参加者のデータを用い、参加者はベースライン時に大腸がんスクリーニング検査を受け、3年後または5年後に再び検査を受けた。

研究者らは、体重が安定している場合と比較して、成人期の体重減少(5年ごとに1.1ポンド以上の減少と定義)は、大腸腺腫のリスクを46%減少させることを明らかにした。

これは特に、当初、過体重または肥満であった成人において顕著であった。また、成人になってからの体重増加は、特に5年間で6.6ポンド以上の体重増加の場合、腺腫の可能性が高くなることも報告された。

体重減少および体重増加に関する知見は、女性よりも男性でより強く現れた。研究者らは、今回の結果は、大腸腺腫の予防には成人期を通じて健康的な体重を維持することが重要であることを示唆していると考えている。また、過体重または肥満の成人は、減量することで大腸腺腫の発症リスクを低減できる可能性がある。

「この研究結果は、成人期に体重増加を回避することで、大腸腺腫と呼ばれる前がんの発症率を低下させ、ひいては大腸がんの発症リスクを低下させる可能性を示唆している」と、この研究の上級著者であるKathryn Hughes Barry氏は述べている。

「今回の結果を踏まえて、すべての成人に減量を推奨するものではない。しかし、この結果は、過体重や肥満の成人が減量から恩恵を受ける可能性があることを示唆している」

https://ecancer.org/en/news/21520-weight-loss-reduces-the-risk-of-growths-linked-to-colorectal-cancer

(2022年2月1日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー