トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん ASH 2021:CAR T細胞療法の毒性を緩和する可能性のあるアプローチを特定

12 Jan 2022

American Association for Cancer Researchの学術誌“Blood Cancer Discovery”に、免疫療法の一つであるキメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法に伴う重篤な有害作用を軽減する可能性のある新しいアプローチを実証する研究論文が掲載された。

本研究は、ジョージア州アトランタで開催されるASHにおいて、本研究の統括著者であり、Massachusetts General Hospital Cancer Centerの細胞免疫学プログラムディレクターであり、ハーバード大学医学部准教授でもあるMarcela Maus医学博士が発表する予定である。

「CAR T細胞療法の主な限界の1つは、それが引き起こす一時的な副作用:高熱、低血圧、および 「サイトカイン放出症候群」 として知られている他の徴候である」と、Maus氏は述べた。重症例では、サイトカイン放出症候群を経験した患者は集中治療を必要とする可能性があると付け加えた。

インターフェロンγ(IFNγ)は、CAR T細胞が産生するサイトカインで、サイトカイン放出症候群を引き起こす細胞イベントを開始するが、CAR T細胞療法の抗腫瘍効果への寄与は不明なままだった。

「われわれは一般的に、このサイトカインがCAR T細胞の働きの一部であると考えてきた。血液がんにおける(CAR T細胞の)抗腫瘍効果に、このサイトカインが本当に必要なのか、あるいは、これをブロックしたり、ノックアウトしたりしても、抗腫瘍効果は得られるのか、サイトカイン放出症候群は少なくなると考えられるのか、という疑問を、われわれは投げかけたいと思った」 と、Maus氏は説明している。

Maus氏らは、血液がんのin vitroおよびin vivoモデルを用いて、IFNγの機能をブロックするか、CAR T細胞から削除することによってIFNγを抑制しても、CAR T細胞の抗腫瘍効果に悪影響を及ぼさないことを示した。対照的に、IFNγの抑制は、サイトカイン放出症候群を促進するマクロファージおよび他の免疫細胞の活性化を妨げるように思われた。

IFNγを欠失させると、現在の臨床的アプローチよりもマクロファージの活性化を抑制することができた。

「このことから、毒性と有効性を分離できることが示唆される」と、Maus氏は総括した。

「CAR T細胞からこのサイトカインをブロックまたはノックアウトすることで、(CAR T細胞療法の)抗腫瘍効果を維持したまま、サイトカイン放出症候群を予防または治療できる可能性がある」と述べている。これにより、CAR T細胞は、患者にとって、より簡単でより利用しやすい治療法になる可能性がある」

Maus氏は、固形がんの治療におけるIFNγの役割を理解するためには、さらなる研究が必要であると指摘した。

https://ecancer.org/en/news/21395-ash-2021-research-identifies-potential-approach-to-mitigate-car-t-cell-therapy-toxicity

(2021年12月13日公開)

【2月17日19時より】CROI 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー