トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん ASH2021:薬剤の組み合わせにより、若年患者の慢性リンパ性白血病が数年間寛解を維持することが判明

11 Jan 2022

慢性リンパ性白血病 (CLL) の若年患者はイブルチニブにより長期寛解が得られるが、がんの寛解を維持するためには無期限に継続しなければならない。

Dana-Farber Cancer Instituteの研究者らによる新たな研究では、イブルチニブと化学免疫療法を含む2.5年間のレジメンにより、この疾患で深く持続的寛解が得られることが示唆されている。

第63回米国血液学会(ASH)年次総会で発表される今回の結果は、前治療歴のないCLL患者85名を対象としたレジメンの2019年に発表された研究結果の本試験における初期結果を更新するものである。
ほぼすべての患者が16.5か月時点で寛解しており、更新されたデータでは、中央値40.3か月の現在もその効果が継続していることが確認された。

「IGHV遺伝子に変異がある低リスクCLL患者は、化学療法剤であるフルダラビンとシクロホスファミド、抗体療法であるリツキシマブを用いたFCRと呼ばれる6か月レジメンにより長期間の寛解が得られる」と、ASHで研究結果を発表するDana-FarberのMatthew Davids氏は述べている。

IGHV遺伝子変異を持たない高リスクCLL患者は、通常、FCRから同じような持続的なベネフィットがない。イブルチニブは非常に有効であるが、生涯治療を続ける必要があり、とくに若年患者は、薬剤のリスクと副作用を考慮すると、この治療は困難である。

「本試験では、FCRとの併用によるイブルチニブの期間限定投与が、IGHV-変異の有無にかかわらず、CLL患者に持続的寛解をもたらすかどうかが検討された」

本試験では、65歳以下のCLL患者85名が登録された。このうち46例は、より侵攻性の非変異型IGHV亜型であった。患者は、CLL細胞が生存に用いる酵素を阻害する標的薬であるイブルチニブによる7日間の治療後、イブルチニブとFCRを併用して最長6か月間治療を受けた。

その後、患者はさらに2年間イブルチニブ単独投与を継続し、2年後に骨髄中に白血病細胞が検出されなかった患者は治療を中止した。

今回の研究では、追跡期間中央値40.3か月で99%の患者が生存しており、97%の患者が病気の悪化なしに生存していることがわかった。 この数字は、追跡期間が16.5か月だった初期の解析と基本的に変わっていない。

2.5年後に再発した少数の患者は、イブルチニブ治療の再開に対して良好な反応を示した。

併用療法の副作用はほぼ管理可能であり、イブルチニブおよびFCRの単独投与に伴う副作用と同様であった。

「われわれは、この治療法が幅広い若年CLL患者集団に長期寛解をもたらす可能性があることに非常に勇気づけられている」 と、Davids氏は述べた。

“For young patients, in particular, who, hopefully, have decades of life ahead of them, the prospect of a time-limited therapy that can have such durable impact without the need for ongoing treatment is very impactful.”
「特に、これから何十年も生きていく若年患者にとって、継続的な治療を必要とせず、持続的な効果が期待できる期限付きの治療法は、非常に大きなインパクトがある」

https://ecancer.org/en/news/21383-ash-2021-drug-combination-found-to-keep-chronic-lymphocytic-leukaemia-in-young-patients-in-remission-for-several-years

(2021年12月13日公開)

HIV感染症治療教育プログラム
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
HIVクイズ
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー