トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん ASH 2021:治療歴のある二次性AMLに対するフロントライン治療アプローチのレトロスペクティブ解析

27 Dec 2021

AMLの別の治療困難なサブタイプが二次性AML (ts-AML) であり、これは骨髄異形成症候群 (MDS) などの前駆血液疾患の治療後に発生するAMLである。

ts-AMLは、治療に反応しにくく、早期に再発するリスクが高いため、予後不良の疾患であるとされている。

承認された治療法がある一方で、過去にメチル化阻害剤(HMA)による治療を受けた患者の転帰は改善されていない。

ts-AMLおよびHMA暴露歴のある患者562名を対象としたレトロスペクティブ解析では、治療の種類[強化化学療法 (IC) 、低強度化学療法 (LIC) またはHMA+ベネトクラクス]別の奏効率が検討された。

白血病の研究者であるSangeetha Venugopal医師が発表した解析では、HMAとベネトクラクスの併用療法は、強力または低強度の化学療法よりも高い奏効率と長期生存をもたらすことが明らかにされた。

集中化学療法と低強度化学療法では、完全奏効率(ICとLICでそれぞれ24%と26%)と全生存期間(1年OS:ICとLICでそれぞれ14%と22%)がほぼ同じだったが、ベネトクラクスの追加だけで高い完全奏効率(39%)と全生存期間(1年OS:35%)を達成することができた。

これらの結果は、HMAおよびベネトクラクスの併用療法が、以前にHMAへの曝露歴のあるts-AML患者の治療に対する最良の選択肢である可能性を示唆する。

Venugopal氏は、 「HMAとベネトクラクス療法の奏効率は、治療を受けた二次性AMLにおいて、この併用療法が典型的な化学療法ベースのアプローチよりも好ましいことを示唆している」 と述べた。「しかしながら、治療を受けた二次性AMLの予後は不良であり、この高リスク患者サブセットに対する有効な治療選択肢は緊急のアンメットニーズである」

https://ecancer.org/en/news/21401-ash-2021-retrospective-analysis-of-frontline-treatment-approach-with-treated-secondary-aml

(2021年12月14日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー