トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 がんの連鎖を断ち切るために

27 Dec 2021

ドミノの列では、1つのピースを取り除くと、最後の1つは決して倒れない。同様に、がんになるには、細胞内で多くのピースが並び、同時に押し出されなければならない。

22年前、Cold Spring Harbor Laboratory (CSHL)のAlea Mills教授がp63というタンパク質を発見した。Mills氏は、最近では、p63の特定のバージョン(∆Np63α)が過剰に作用すると、がんを引き起こすことを明らかにした。

Mills氏らは、p63を停止させる方法を模索してきたが、なかなかうまくいかなかった。今回、彼らは△Np63α自体を止めるのではなく、△Np63αを活性化に作用している他のタンパク質を止めることで、ドミノ倒しを止める方法を発見した。

p 63は、さまざまな種類の成熟細胞に成長する可能性のある未成熟細胞である幹細胞を制御する。このタンパク質の1つの変異体である∆Np63αが過剰に活性化しても、幹細胞の産生が停止することはない。

皮膚や他の多くの臓器を覆う扁平上皮細胞でこのようなことが起こると、幹細胞は制御不能な状態で増殖し、腫瘍を形成する。

これらのがん幹細胞は他の組織に浸潤し、顔の神経を包み込むことさえある。腫瘍は痛みを伴い、外観を損ない、切除するのが難しい場合があるとMills氏は述べる:

「私は、がん幹細胞は、外科的に除去するか、何らかの方法で制御しなければ、庭に生えるたちの悪い雑草の種のようなものだと考えている」

Mills氏のチームは、∆Np63αを活性化するために一連のドミノのように作用する4つのタンパク質のカスケードを特定した。これらのタンパク質の中には、他の種類のがんの促進に関与していることがすでに知られているものもあり、それらを不活性化する薬剤がすでに臨床試験段階にある。

ペトリシャーレ内で増殖している患者由来のがん幹細胞にこれらの薬剤を加えたところ、細胞の活動性が低下し、動きが鈍くなり、増殖が遅くなった。
これらの薬剤を投与されたがん扁平上皮細胞を持つマウスは、腫瘍が縮小した。

本研究を率いたMills研究室のMatt Fisher博士研究員は、「扁平上皮がんは現在、治療が容易ながんではなく、治療法の選択肢も多くない」と語る。そのため、薬剤投与可能な標的を含む経路を特定することが非常に重要だと考えていると語っている。

この病気に対する4つの新しい治療標的の発見は、この致命的ながん治療に新たな希望をもたらすものである。

https://ecancer.org/en/news/21330-breaking-the-chain-that-culminates-in-cancer

(2021年12月2日公開)

【8月1日19時より】AIDS 2022 Conference News 速報
HIV感染症治療教育プログラム
CROI 2022 Conference News 速報
Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
HIVクイズ
ecancer
国際学会カレンダー