トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん 免疫細胞が乳房腫瘍に侵入して殺すのを阻止する分子を特定

17 Nov 2021

George Washington Universityの研究者らは、免疫細胞が腫瘍に侵入し内部のがん細胞を殺すのを防ぐ特定の種類の乳がんの重要な分子を特定した。

本日、Nature誌に発表された論文とその調査結果は、特定の種類の進行性乳がんの新しい治療法への道を開く可能性がある。

「がんの進行中、DDR1として知られるこの分子は、腫瘍の境界の周りに有刺鉄線のように作用して免疫細胞が腫瘍に入るのを防ぐ高次の細胞外マトリックスを組織化する」と、George Washington University のRoss Professor of Basic Science Researchであり、論文の筆頭著者であるRong Li氏は述べた。

「DDR1分子が腫瘍の周囲に保護境界を作ることわかっていたので、前臨床モデルを使用して、DDR1を非活性化した瞬間に、免疫細胞が腫瘍に浸潤し、内部の細胞を殺すことが可能だと示すことができた」

Li氏らは、トリプルネガティブ乳がんを調査した。トリプルネガティブ乳がんは、全乳がん症例の約15%を占める攻撃的ながんである。

Centers for Disease Control and Preventionによると、このタイプのがんは、標的となるがん治療で一般的に使用される受容体を欠いており、腫瘍細胞を標的にすることを困難にしている。 免疫療法は、免疫細胞が腫瘍の中心に到達できるときに免疫細胞を活性化するように設計されているが、DDR1分子は抗腫瘍免疫細胞に対する物理的な障壁を作る。

根底にあるメカニズムを特定することは、この治療が難しいがんの新しい治療薬を探す新しい方法を提供する可能性があると、Li氏は述べた。

Nature誌の研究では、複数の前臨床モデルでDDR1を削除した場合の影響を評価した。研究者らは、DDR1をノックアウトすると腫瘍の成長が停止するだけでなく、将来の腫瘍から体を保護する可能性があると判断した。

新しい発見に関連して、共同執筆者のZhiqiang An氏は、その防御線を破壊し、腫瘍を殺す免疫細胞が交差するのを助ける治療用DDR1標的抗体を開発した。

「がん耐性におけるDDR1の重要な役割の発見は、治療経路を変える可能性のある重要な進歩である」と、Texas Therapeutics Instituteの所長であり、University of Texas Health Science Centerの分子医学教授を務めるAn氏は述べている。
「私は、研究者と学術研究室のコラボレーションに満足している。基礎研究とトランスレーショナルリサーチの相乗効果に興奮し、がんと共に生きる人々の利益のために発見から治療候補への迅速な変換に勇気づけられている」

DDR1における、このより包括的な理解により、研究者らはDDR1のような追加の分子を特定し、同じアプローチを使用して他のがんと戦うことも望んでいる。

https://ecancer.org/en/news/21194-researchers-identify-molecule-that-blocks-immune-cells-from-entering-and-killing-breast-tumours

(2021年11月3日公開)

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー