トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:腎臓がん 標的薬は腎臓がんの脳転移に対して活性を示す

28 Oct 2021

標的薬は、腎臓がんに起因する脳転移に対して有望な活性を示し、奏効率50%を達成した。そして、予後不良が重大な満たされていないニーズを生み出したこの患者グループにおける薬剤のさらなる研究をサポートしている。

その薬剤、カボザンチニブは、がん細胞のいくつかの標的を攻撃するチロシンキナーゼ阻害剤である。

進行性腎細胞(腎臓)がんの治療が承認されているが、脳転移のある患者ではほとんど検査を受けていない。 歴史的に見て、これらの患者は通常、平均余命と治療介入の忍容性が低いことを懸念して臨床試験から除外されている。

JAMA Oncology誌掲載の新しい報告は、カボザンチニブが血液脳関門を通過して転移に到達する可能性があることを示唆しており、その一部は大幅に縮小したと、Dana-Farber Cancer InstituteのLank Center for Genitourinary Oncology所長である上級著者のToni Choueiri医学博士は述べた。

この薬剤は、腎臓がんからの脳転移を有する患者88名に達する 2つのコホートで忍容性が認められた。一部の患者はまた、手術または放射線による局所治療を受けたが、他の患者は受けなかった。 一方のコホートの患者は中央値で15か月、もう一方のコホートでは16か月生存した。

Choueiri氏によると、腎臓がんは患者の2〜10%で脳に転移し、かなりの罹患率と死亡率を引き起こし、転移は通常、手術や放射線で治療する。

これまで、スニチニブのような標的薬による全身治療は比較的効果がないことが証明されており、免疫療法薬も多くの利点を示していない。 「脳の外でうまく機能する多くの薬は、脳転移にはうまく機能しない」と、Choueiri氏は述べている。

脳転移のある腎臓がん患者におけるカボザンチニブのいくつかの個々の症例報告は、潜在的な利益を示唆し、新しい試験を促した。 「文献が少なく、臨床的ニーズが高いことから、国際的な多施設共同研究を活用して、腎細胞がんからの脳転移患者におけるカボザンチニブの活性と安全性を評価しようとした」と、研究者らは説明した。

カボザンチニブによる治療後、「脳内の転移の大きさを測定したところ、通常の予想よりも高い奏効率が見られ、転移が実際に縮小した良い例がいくつかあった」と、Choueiri氏は述べている。 しかし、いくつかの反応は持続的ではなく、腫瘍は数か月後に抵抗性になったと警告した。

研究はレトロスペクティブだった。 Choueiri氏は、カボザンチニブの前向き第II相試験がフランスで進行中であり、「これが決定的なものになることを願っている」と述べた。

外科手術と放射線療法は現在、腎臓がんの脳転移を治療するためのゴールドスタンダードだが、Choueiri氏は、これらのモダリティが常に機能するとは限らないか、脳の特定の場所で使用できないと述べた。 「これらの患者のための全身性の選択肢があるとよいだろう」と、彼は述べた。

脳転移のあるほとんどの腎臓がん患者は、他の臓器への転移も広がっている。 新しい研究では、カボザンチニブ治療による奏効率は、これらの頭蓋外転移の場合と脳転移の場合でほぼ同じであることが示された。

レポートの最初の2人の著者は、Laure Hirsch氏とNieves Martinez Chanza氏で、どちらも以前はDana-Farberであったが、現在はフランスのUniversity of ParisとベルギーのCochin HospitalとJules Bordet CancerInstitute(ブリュッセル)である。

資金提供他
Choueiri reports personal fees from Merck, Bristol Myers Squibb, Roche, EMDSerono, AstraZeneca, Exelixis, Pfizer, and Eli Lilly during the conduct of the study; personal fees from the National Comprehensive Cancer Network, the Genitourinary Cancers Steering Committee of the National Cancer Institute, continuing medical education programs related to genitourinary oncology, and various national and international committees and programs outside of the submitted work; and support from the Dana-Farber/Harvard Cancer Center Kidney Cancer Specialized Program of Research Excellence (2P50CA101942-16) and program (5P30CA006516-56), the Kohlberg Chair at Harvard Medical School, the Michael Brigham Fund, and Loker Pinard Funds for Kidney Cancer Research at Dana-Farber.

https://ecancer.org/en/news/21133-targeted-drug-shows-activity-against-brain-metastases-in-kidney-cancer

(2021年10月21日公開)

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー