トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん 転移性乳がん:エビデンスに基づく推奨事項を含む新しいESMOガイドライン

27 Oct 2021

転移性乳がん患者の診断、病期分類、および治療のための待望のESMO臨床診療ガイドラインが、本日、Annals of Oncology誌に掲載された。

乳がん啓発月間を機に世界中で行われている広報と支援イニシアチブの中で、このガイドラインは、最近の研究成果を個別化医療の時代における患者ケアの実際的な改善に変換するためのマイルストーンを示している。

がん専門医の日常的な意思決定プロセスに情報を提供するのに十分な堅牢性を備えた新しい治療アプローチに関する臨床試験のエビデンスにより、新しくリリースされたガイドラインは、高度な乳がん管理の最先端の包括的な全体像を提供するために、過去数年間のすべての主要な進展を網羅している。

この分野で最も著名な専門家28名からなる委員会によって作成されたこの文書は、以前の基準となる文書である進行性乳がんに関する第5回ESO-ESMO国際コンセンサスガイドラインに代わるものである。

ESMOガイドライン委員会の議長であるGiuseppe Curigliano教授は、次のように述べている。
「科学的知見が進歩している現在の急速なペースは、ESMO臨床診療ガイドラインのような文書が作成されてから、臨床医による最終的な公開および使用までの間に新しいエビデンスが出現する可能性があることを意味する。

したがって、転移性乳がんに関する最新のガイドラインは、ESMO Magnitude of Clinical Benefit Scale (ESMO-MCBS)およびESMO Scale for the Clinical Actionability of Molecular Targets(ESCAT)内の評価に基づいて、それらをサポートするために利用可能なエビデンスのレベルに応じて、さまざまな治療選択肢の段階的な推奨事項を提供することによって、最新の潜在的に実践を変える可能性のあるデータでさえも統合するように設計された。
進行性疾患の腫瘍生物学が、早期乳がんの改善された治療の選択圧の下で変化したと考えられる状況、かつ新たな標的療法が、将来、現在の乳がんサブタイプの改訂につながる可能性がある状況では、ESMOガイドラインは、実際に起こりうる進化についての今後の議論をサポートするために時間通りに提供されるが、それらと一緒に進化することもある。
今後、ESMO Webサイトで公開されるガイドラインの「生きた」バージョンは、医師が治療アルゴリズム、重要な参考資料、および必要に応じて定期的な更新にリアルタイムでアクセスできる、ユーザー指向のインタラクティブなツールを提供する。

転移性乳がんに対応するPan-Asian Guideline Adaptationは、民族的、科学的、社会経済的および地域的実践の特徴を考慮して、2022年に発行され、アジア全域で働く医師に、地域の状況で患者ケアを最適化するための適用可能な方法を提供する。

https://ecancer.org/en/news/21120-metastatic-breast-cancer-new-esmo-guideline-with-evidence-based-recommendations

(2021年10月19日公開)

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー