トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん EHA 2021:ダラツムマブ維持療法は多発性骨髄腫患者の自家幹細胞移植後の無増悪生存期間を改善

02 Jul 2021

CASSIOPEIA第Ⅲ相試験のパート1で、新規に多発性骨髄腫と診断された移植適応患者を対象に、ダラツムマブにボルテゾミブ、サリドマイド、およびデキサメタゾンを併用する(daratumumab to bortezomib, thalidomide, and dexamethasone:D-VTd)寛解導入/地固め療法とボルテゾミブ、サリドマイド、およびデキサメタゾン(VTd)単独療法の比較が行われた。

この試験の結果、自家幹細胞移植(ASCT)を併用した場合、VTd単独療法に比べD-VTd療法の方が優れた有効性を示したことから、この治療法に対する規制当局の承認が得られた。

CASSIOPEIA試験のパート2の中間解析は、この研究のパート1での奏効者全886例を対象に、ダラツムマブ維持療法(8週毎に16mg/kg)を監視下治療と比較することを目的とした。

EHA 2021で発表された中間解析の結果から、ダラツムマブ維持療法を受けた患者は、監視下治療群に比べ、無増悪生存期間(PFS)が有意に延長していたことが判明した。

しかしながら、寛解導入/地固め療法により患者を層別化したところ、このベネフィットは、CASSIOPEIAパート1で以前にVTd療法を受けていた患者にのみ認められることが明らかになった。

パート1でD-VTd療法を受けダラツムマブ維持療法群に割付けられた患者は、監視下治療群と同等のPFSを示した。

さらに、ダラツムマブ維持療法は奏効の深さ(Depth of Response)の有意な増加をもたらし、新たな安全性シグナルは検出されなかった。

要約すると、ダラツムマブ維持療法は、VTd寛解導入/地固め療法を受けたASCT後の患者に有効である。

https://ecancer.org/en/news/20460-eha-2021-daratumumab-maintenance-improves-progression-free-survival-after-autologous-stem-cell-transplantation-in-multiple-myeloma-patients

(2021年6月12日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー