トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん EHA 2021:移植に不適格と新たに診断された多発性骨髄腫の高齢患者における、ダラツムマブ+レナリドミドおよびデキサメタゾン併用により立証された全生存期間におけるメリット

23 Jun 2021

第III相MAIA研究では、大量化学療法と自家幹細胞移植に不適格な患者737名を対象にD-RdとRdを評価した。

MAIAの一次解析では、Rd単独と比較して、D-Rdによる治療後の疾患進行または死亡リスクが44%減少することが示された。

ほぼ5年(56.2か月)の追跡期間中央値で、MAIAの事前指定の中間全生存解析を報告する。

Rd治療へのダラツムマブの追加は、死亡リスクを32%有意に減少させ(ハザード比、0.68; 95%信頼区間[CI]、0.53-0.86; P = 0.0013)、推定5年全生存率はRd単独群53.1%と比較して、D-Rd群66.3%だった。

これらの結果は、ダラツムマブ投与のRd群でその後の治療を受けた患者46%にも関わらずである。

同様に、一次解析で特定されたD-RdとRdの無増悪生存期間の有意なメリットは維持され、疾患進行または死亡リスクが47%減少した(HR、0.53; 95%CI、0.43-0.66 ; P <0.0001)、および推定60か月の無増悪生存率はそれぞれ52.5%対28.7%だった。 これらのデータは、移植に不適格なNDMM患者に新しいPFSのベンチマークを提供する。 高い全奏効率率(93%対82%)は、Rd単独に対するD-Rdの追加の臨床的利点をさらに示した。 D-Rdの新たな安全性の懸念は確認されておらず、D-RdおよびRdの最も一般的な(>15%)グレード3/4の治療に起因する有害事象は、好中球減少症(54% vs 37%)、肺炎(19% vs 11%)、貧血(17% vs 22%)、およびリンパ球減少症(16%および11%)だった。

結論として、MAIA研究の一次解析からの臨床的メリットは、5年間の追跡調査を通じて維持され、進行に与えられた先行D-Rdの利点は、OSの大幅な改善により確認され、移植に不適格なNDMMの患者のための新しい標準治療として、ダラツムマブの最前線における使用をさらに支持した。

https://ecancer.org/en/news/20461-eha-2021-overall-survival-benefit-established-with-daratumumab-plus-lenalidomide-and-dexamethasone-in-elderly-patients-with-transplant-ineligible-newly-diagnosed-multiple-myeloma
(2021年6月12日公開)

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー