トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん EHA 2021:CAR-Tまたは高強度の免疫抑制療法を受けている患者では、ファイザー/ BioNTech BNT162b2ワクチンに対する体液性反応が損なわれている

21 Jun 2021

Pfizer / BioNTech BNT162b2ワクチンは、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染の予防に承認されており、免疫抑制患者に推奨されている。

ただし、免疫細胞療法を受けている患者におけるその有効性と安全性は文書で十分に立証されていない。
 
EHA 2021で発表されたこの研究では、造血細胞移植(HCT)とキメラ抗原受容体(CAR)-T療法を受けた患者におけるBNT162b2ワクチンの有効性と安全性を評価した。
研究者らは、Tel Aviv Sourasky Medical Centerで積極的に治療したワクチン接種患者79名を前向きに追跡し、ワクチンに対する安全性プロファイルと体液性免疫応答を観察した。

全体として、ワクチンは忍容性が高く、まだ調査中の1つの二次移植片拒絶反応を除いて、すべての有害事象は数日以内に解決した。

研究者らは、同種HCTを受けた患者の81%と比較して、CAR-T療法を受けた患者のわずか36%が体液性抗体反応を発症したことを観察した。

さらに、B細胞形成不全の患者および細胞注入直後にワクチンを接種した患者は、抗体を発現する可能性が低かった。

まとめると、これらのデータは、BNT162b2ワクチンに対する体液性反応が、良好な反応を示した同種HCT後の患者とは対照的に、CAR-Tを受けた患者では著しく損なわれていることを示している。

https://ecancer.org/en/news/20458-eha-2021-humoural-response-to-the-pfizer-biontech-bnt162b2-vaccine-is-impaired-in-patients-receiving-car-t-or-high-intensity-immunosuppressive-therapy

(2021年6月12日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー