トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 がん細胞をだまして有毒な薬剤を消費する方法を研究者らが発見

17 May 2021

マサチューセッツ総合病院(MGH)のチーム主導による新たな研究は、腫瘍が抗がん剤を摂取することを促進することで化学療法の有効性を高めるための有望な戦略を示唆している。

本グループの調査結果は、Nature Nanotechnology誌に掲載されている。
腫瘍に十分な抗がん剤を取り入れることはしばしば困難であり、この課題を克服するための潜在的な戦略のひとつは、血液中に最も豊富なタンパク質であるアルブミンに薬剤を結合させることである。

この戦略は、悪性腫瘍の成長を促進するタンパク質に対する腫瘍の旺盛な食欲に依存している。利用可能なアルブミンを消費するとき、腫瘍は結合させた薬を意図せず摂取する。

米国食品医薬品局によって承認された一般的なアルブミン結合薬は、ナノ粒子アルブミン結合パクリタキセル(nab-PTX)であり、後期肺がんおよび膵がんの治療に使用される。

「しかし、すべての患者がnab-PTXに反応するわけではなく、アルブミンが薬物送達と作用にどのように影響するかに関する理解が不十分なため、腫瘍への送達の有効性はまちまちである」と、MGH Center for Systems Biologyの主任研究員であり、ハーバード大学医学部放射線学の助教で上席著者のMiles Miller, PhDは述べている。

その手掛かりを得るために、Miller氏らは、がんのマウスモデルにおける単一細胞の分析で腫瘍へのnab-PTXの送達を評価した。

研究チームは、3D顕微鏡といわゆる組織除去技術を使用して、がん細胞が相当量のnab-PTXを取り込む可能性があり、これらの薬剤の消費はアルブミンなどの栄養素が細胞の取り込みに関与しているシグナル伝達経路によって制御されることを発見した。

「この発見は、これらの経路を操作できれば、がん細胞をだまして栄養不足の状態にし、それによってnab-PTXの取り込みを高めることができる可能性があることを示した」と、本研究の筆頭著者でMGH放射線科およびシステム生物学センターのinstructorであるRan Li, PhDは説明している。

実際、シグナル伝達経路の1つの重要な構成要素であるインスリン様成長因子1受容体阻害剤で腫瘍を治療すると、腫瘍におけるnab PTXの蓄積が改善され、その有効性が高まった。

「これらの結果は、さまざまながん種の患者におけるアルブミン結合薬の送達を改善するための新しい可能性を提供する」とMiller氏は述べている。

https://ecancer.org/en/news/20263-scientists-discover-how-to-trick-cancer-cells-to-consume-toxic-drugs
(2021年5月7日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー