トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:血液がん 優れた結果を示した小児ホジキンリンパ腫における最初の標的療法の報告

16 Apr 2021

研究者らは、高リスクの小児ホジキンリンパ腫を治療するために標的療法を使用する初めての最前線の臨床試験結果を報告した。

この研究は、ブレンツキシマブベドチンの追加により、優れた結果をもたらし、副作用と放射線被曝の抑制を可能にしたことを示した。

また、この研究は、小児ホジキンリンパ腫を専門とするマルチサイトコンソーシアムによる研究結果である。

協力機関には、St. Jude Children’s Research Hospital、Stanford University School of Medicine、Dana-Farber Cancer Institute、Massachusetts General Hospital、Maine Children’s Cancer Program、OSF Children’s Hospital of Illinoisが含まれる。

調査結果の詳細を記した論文がJournal of Clinical Oncology誌に掲載された。 ブレンツキシマブベドチンは、抗CD30抗体薬物複合体である。ホジキンリンパ腫の成人の治療にすでに承認されているこの薬は、ホジキンリードシュテルンベルク細胞(ホジキンリンパ腫のがん細胞)を特異的に標的としている。 ブレンツキシマブベドチンは、必要な場所に直接薬を届ける

「私はブレンツキシマブベドチンを賢い薬だと思っている」と、筆頭著者である、St. Jude Departments of Oncology and Global Paediatric MedicineのMonika Metzger氏は述べる。「体のすべての細胞に広範囲の影響を与える可能性がある従来の化学療法とは異なり、この薬はホジキンリンパ腫細胞に直接行くことを知っている。つまり副作用を最小限に抑えながらその効果を最大化する」

この第II相臨床試験では、最前線(最初の治療が行われた)治療レジメンで化学療法薬のビンクリスチンがブレンツキシマブベドチンに置き換えられた。

レジメンには、必要に応じて他の化学療法剤と放射線療法が含まれていた。

ビンクリスチンは神経障害に関連している。 レジメンからそれを取り除くと、患者は神経障害の症状の軽減を報告した。

試験の3年全生存率は99%だった。 本試験に登録した患者77名のうち、35%が放射線を受けずに済んだ。

放射線が必要な場合は厳密に調整され、可能な場合は線量が減らされた。

「われわれはすでに、低リスクのホジキンリンパ腫患者への放射線の使用を減らしている。

この研究では、陽子線治療や強度変調放射線などの高焦点法を使用して、リスクの高い患者の放射線の範囲を省略または削減することも可能であることを示した」と、
共同主任著者であるSt. Jude Department of Radiation Oncology.のMatthew Krasin氏は述べている。

研究者らは、小児の高リスクホジキンリンパ腫の最前線治療において、ブレンツキシマブベドチンは忍容性があり、放射線被曝が減少し、優れた結果をもたらしたと結論づけた。

ブレンツキシマブベドチンは現在、ホジキンリンパ腫の小児患者を治療するための他の国内試験に組みいれられている。

「ホジキンリンパ腫患者に最前線で標的療法を提供できることは、刺激的な進展である」と、共同主執筆者であるSt. Jude Cancer Survivorship DivisionのディレクターであるMelissa Hudson医学博士は述べている。 「われわれはつねに研究から学び、新しい発見を臨床試験の次のバージョンに適用している」

https://ecancer.org/en/news/20030-excellent-outcomes-reported-for-first-targeted-therapy-for-paediatric-hodgkin-lymphoma

(2021年4月9日公開)

Croi 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Glasgow 2020 Virtual Conference News 速報
Literature-based Program
Gut Japanese abstract collection
ecancer
国際学会カレンダー