トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:乳がん 脳に転移した乳がん細胞の新しい治療戦略の可能性

13 Apr 2021

新しい研究によると、乳がん細胞が脳に広がると、そこで生き残るために、脂肪の構成要素である脂肪酸の生成を促進する必要がある。

Nature Cancer誌に掲載され、Massachusetts General Hospital (MGH)とMassachusetts Institute of Technology (MIT)のKoch Instituteの研究者が主導したこの研究は、乳がんに続発して発生する脳腫瘍を縮小するための新しい治療標的の可能性を示している。

これは、循環する毒素や病原体から脳を保護する血液脳関門に一部起因しているが、がん細胞が脳に到達すると変化することも役割を果たしている可能性がある。

このような変化は、脳に転移するがん細胞が、体内の他の組織と比較して、脳組織で利用できる栄養素の違いに遭遇するために発生する可能性がある。

したがって、悪性細胞は、腫瘍の生存と成長をサポートするために、代謝の方法と内容を変更しなければならない可能性がある。

この可能性を調査するために、研究者は、脳に転移した乳房の腫瘍と体内の他の場所とで代謝がどのように異なるかを評価するマウスでの実験を計画した。

研究チームは、乳房の腫瘍が脳内で成長するためには、脂肪へのアクセスが制限されていることを発見した。 これに対して、脂肪酸合成と呼ばれる酵素の活性化の結果として、これらの腫瘍細胞では脂肪酸合成が上昇する。

「われわれの前臨床所見と一致して、患者の脳転移の臨床標本は、転移していない腫瘍と比較して脂肪酸合成を過剰発現している」と、MGHのE. L. Steele Laboratories for Tumor Biology博士研究員であり、共同主執筆者であるGinoFerraro博士は述べている。

調査結果は、がんが特定の臓器に広がった場合、潜在的な治療戦略がその部位での栄養素の利用可能性を利用できることを示している。

その栄養素を利用するがん細胞の能力の阻害は、それらの死につながる可能性がある。

「これまでのところ、標的療法はおもにがん細胞の遺伝的脆弱性に焦点を当てている。われわれの研究は、がん細胞が存在する環境が、治療戦略の開発中に考慮すべき代謝的脆弱性も決定する可能性があることを示している」と、MGHのE. L. Steele Laboratories for Tumor Biologyのディレクターであり、Harvard Medical School放射線腫瘍学のAndrew Werk Cook Professorである、共同対応著者のRakesh K. Jain氏は述べている。

研究チームは、TVB2166と呼ばれる脂肪酸合成の阻害剤が転移性乳がんの患者で現在評価されていることに注目している。

「しかし、この化合物は脳透過性ではなく、症候性脳転移のある患者はこれらの試験から除外される」と、MITのKoch Instituteの副所長であり、 Broad Institute of MIT & Harvard のメンバーであるMatthew Vander Heiden氏は述べた。

「したがって、脳転移のある患者におけるこの戦略の有効性と安全性は、脳浸透性脂肪酸合成阻害剤を使用して調査する必要がある」

https://ecancer.org/en/news/19977-potential-new-treatment-strategy-for-breast-cancer-cells-that-have-spread-to-the-brain

(2021年4月1日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー