トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:肺がん WCLC2020:ニボルマブによる悪性中皮腫に対する効果的な治療

18 Feb 2021

WCLC 2020(国際肺がん学会、シンガポール)で発表された研究によると、ニボルマブ単剤療法は、再発性悪性中皮腫(MM)の効果的な治療選択肢である。

悪性中皮腫は難治性のがんであり、2004年に承認されて以来、ペメトレキセドとシスプラチンまたはカルボプラチンから成る標準的な一次化学療法ダブレット後の全生存期間の改善を示す第III相試験はまだない。

University of Leicesterの胸部腫瘍内科長であるDean Fennell教授は、英国University of SouthamptonのSouthampton Clinical Trials UnitのGareth Griffiths教授らと協力して、Cancer Research UK / Stand Up To Cancerが資金提供した再発性中皮腫の抑制のためのチェックポイント遮断(CONFIRM)研究の結果を発表した。
治験責任医師主導のプラセボ対照ランダム化第III相試験には、英国の24のセンターが参加した。

ニボルマブはPD-1阻害剤であり、2つの単群第II相臨床試験で治療歴のある悪性中皮腫で活性を示した。

CONFIRM試験では、治療歴があり、切除不能で、組織学的に確認されたMM(胸膜または腹膜)およびEastern Cooperative Oncology Groupのパフォーマンスステータス0-1の成人患者332名が、ニボルマブ(n = 221)またはプラセボ(n = 111)に無作為に割り当てられた。

参加者は、類上皮組織と非類上皮組織によって層別化された。 共同主要評価項目は、治験責任医師が評価した無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)だった。 主要な副次的評価項目には、最良総合効果と安全性が含まれた。

全生存期間は未完成だったが、ニボルマブにより有意に長い生存期間を示した(events 232 [target 291]; median, 9.2 vs 6.6 months; HR, 0.72; 95% CI: 0.55-0.94; P=0.02)。

治験責任医師が評価した無増悪生存期間は、ニボルマブがプラセボより長かった(3.0 vs 1.8 months、HR 0.61、95%CI、0.48〜0.77、P <0.001)。 PD-L1の発現は、Dako 22C3 tumour proportion score (TPS) を使用して234の腫瘍ブロックで評価された。 PD-L1 TPS > 1%(含まれる患者の34%)と生存率の間に統計的に有意な関連はなかった。 Grade 3〜4の治療に関連する有害事象は、ニボルマブ群で19%、プラセボ群で6.3%報告された。

毒性による治療中止は、ニボルマブ群で13.1%、プラセボ群で2.7%発生した。

「CONFIRMは、再発性悪性中皮腫において、ニボルマブとプラセボの併用療法により、全生存期間の改善と無増悪生存期間という主要評価項目を達成した。

ニボルマブの安全性プロファイルは、既知のプロファイルと一致しており、新しい安全性シグナルはなかった。ニボルマブ単剤療法は、この疾患の患者にとって効果的な治療選択肢である」と、Fennell教授は述べている。

「CONFIRMは、この治療アプローチがこれらの患者の新しい標準治療のために考慮されるべきであるという良いエビデンスを提供している」とGriffiths教授は述べた。

「悪性胸膜中皮腫などの治療が困難な疾患では、代替治療法はいつでも歓迎される」と、暫定IASLC CSOのGiorgio Scagliotti博士は述べた。「この研究は、再発性/再燃性疾患における治療機会の範囲を拡大することに貢献している」

https://ecancer.org/en/news/19532-wclc-2020-nivolumab-effective-treatment-for-malignant-mesothelioma

(2021年1月30日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー