トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般 新しい診断方法により、どのがん患者が免疫療法に反応するかを予測

25 Nov 2020

免疫療法は、患者の免疫系ががんと戦うのを助けるがん治療の一種であり、がん治療に非常に良い影響を及ぼす。すべての場合に機能するとは限らない。つまり、一部の患者では非常に効果があるが、他の患者ではほとんどまたは無効となる。

これらの治療に内在するリスクを考えると、恩恵を受けない人々の不必要な曝露を回避しつつ、どの患者がそれらから恩恵を受ける可能性が高いかを特定する必要性が高まっている。
バスク地方(Biocruces、PIE、BCAM)の他のセンター、ヨーロッパ、およびFASTBASE Solutions Ltdの研究者らが、University of Bath大学(英国)の治療イノベーションセンターのディレクターでもあるLarijani博士が率いるグループに参加した。

新しい予測ツールは、免疫細胞と腫瘍細胞の間の相互作用を識別し、抗腫瘍反応を緩衝する免疫チェックポイントの活性化状態についても通知する高度な顕微鏡プラットフォームを使用して開発された。

研究チームは、その調査結果を著名なCancerResearch誌に発表した。Larijani博士のチームは、1つの免疫チェックポイントを分析した。

健康な人では、これらのチェックポイントは体の免疫反応を厳密に調節し、自己免疫および炎症性疾患を予防するためのスイッチとして機能する。

具体的には、分析される免疫チェックポイントは、PD-1(Tリンパ球として知られる免疫細胞に存在する)とPD-L1(他のタイプの免疫細胞および多くの異なるタイプの腫瘍の表面に存在する)の2つのタンパク質で構成される。

原則として、Tリンパ球の表面にあるPD-1が他の免疫細胞の表面にあるPD-L1と結合すると、T細胞の免疫機能を効率的にオフにする。

そしてそれが腫瘍細胞の役割である。PD-L1が表面に発現すると、PD-1がTリンパ球で活性化されるため、抗腫瘍機能が非活性化され、腫瘍が生き残り、成長する。

免疫療法で使用される阻害剤は、腫瘍のPD-L1とT細胞のPD-1間の相互作用を遮断することで機能し、患者の抗腫瘍活性を回復させる。

この新しいツールは、チェックポイント阻害剤を使用した治療が有意な臨床的利益をもたらす可能性があるかどうかを予測することにより、腫瘍生検におけるPD-1 / PD-L1相互作用の範囲を決定する。

「現在、チェックポイント阻害剤治療を続行するかどうかの決定は、PD-1とPD-L1が機能状態ではなく、生検に存在するかどうかに基づいている。

しかし、われわれの研究は、2つのタンパク質が実際に相互作用し、したがって、それらが腫瘍の生存に機能的な影響を与える可能性があることを知ることがはるかに重要であることを示している」と、Larijani教授は述べている。

https://ecancer.org/en/news/19110-a-new-diagnostic-method-predicts-which-cancer-patients-will-respond-to-immunotherapy

(2020年11月17日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー