トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:毛髪染料とがんのリスク:最大規模の研究

25 Sep 2020

毛髪染料には、がんとの関連の原因とされている特定の化学物質が含まれている。これまでに行われた最大規模の研究では、36年間にわたり米国女性117,200人を追跡したが、関連性は確認できなかった。

研究では、定期的に髪を染める人はがん、特に膀胱がんと乳がんのリスクが高い可能性があることが示唆されている。
毛髪染料には、これらの関連原因とされている特定の化学物質が含まれている。

これまでに行われた最大規模の研究では、36年間にわたり米国女性117,200人を追跡したが、この関連性は確認できなかった。

ウィーン医科大学疫学部長のEva Schernhammer氏が率いる研究チームは、米国の看護師を対象としたコホート研究のデータを特異的に分析したところ、定期的な髪の染色はいくつかの例外を除いて、ほとんどの種類のがんに重要な影響を及ぼさなかった。

本研究はBritish Medical Journal誌に掲載された。
世界保健機関(WHO)の一機関である国際がん研究機関(IARC)は、髪の染色への職業的曝露(美容師など)をヒトに対する発がん性の可能性があるものとして分類したが、髪の染色の個人的な使用は分類できなかった。

しかし、現在の疫学的根拠は決定的というには程遠いため、永久的な毛髪染色、特に積極的に最も一般的に使用される毛髪染料の個人使用の発がん性については懸念がある。
現在の研究(これまでのこのトピックに関する最大の前向き研究)では、永久的な毛髪染料の個人的な使用とほとんどのがんまたはがん関連死のリスクとの間に関連は見られなかった。

しかし、基底細胞がん、ホルモン受容体陰性乳がん(ER-、PR-およびER- / PR-)、および卵巣がんのリスクについて明らかな関連を見出した。
さらに、本研究では、生まれながらの髪の色に起因する不均一性の証拠も見出した。ホジキンリンパ腫のリスクの増加は、生まれながらに黒い髪の女性でのみ観察され、基底細胞がんの高リスクは、生まれながらに明るい髪の女性で特に観察された。

「現在の前向きコホート研究は、永久的な毛髪染料の個人的な使用ががんや死亡リスクの増加に関連しているかもしれないという懸念に対して、ある程度の安心感を提供する。それにもかかわらず、一部のがんのリスクには正の相関も見られた」とEva Schernhammer氏は述べている。
現在の調査結果は米国の白人女性に限定されており、他の集団には及ばない可能性がある。

「私たちの結果は、さらに前向きな検証の必要性を証明するものである」とSchernhammer氏は説明する。「これは、さまざまな集団と国、さまざまな感受性遺伝子型(NAT1またはNAT2など)、さまざまな遺伝子型と分子遺伝学的表現型のがん、さまざまな曝露設定(個人使用vs職業曝露)、さまざまな時点、およびパーマネントヘアの異なる色に依存し、使用された染料(濃い染色vs淡い染色)、および緻密な曝露推定値で、根拠全体に照らして解釈する必要がある」


(2020年9月4日公開)

Croi 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Glasgow 2020 Virtual Conference News 速報
Literature-based Program
Gut Japanese abstract collection
ecancer
国際学会カレンダー