トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:ウイルス量でがんとCOVID-19の入院患者の死亡率を予測

25 Sep 2020

ウイルス量増加は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で入院したがん患者と非がん患者の死亡リスク増加と関連していると、研究者らはCancer Cell誌に報告している。

入院中のCOVID-19患者のうち、最近がんの治療を受けた血液悪性腫瘍患者は、COVID-19を引き起こす重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)のレベルが最高だった。

「コミュニティとして、われわれはSARS-CoV-2のウイルス量と結果との関係を理解し始めたばかりである」と、Weill Cornell Medicineの感染症部門の医学助教授であり、NewYork-Presbyterian/Weill Cornell Medical Centerの主治医助手である上級研究著者のMichael Satlin氏は述べている。

「現在、この定量的情報は患者ケアチームには提供されておらず、プロバイダーだけが患者の検査が陽性か陰性かを知っている。COVID-19を有するがん患者のプロバイダーにこの情報を提供することで、入院中の集中監視をどの患者に実施すべきか、また、これらの治療法が不足している場合に新しい抗ウイルス薬をどの患者に投与すべきか決定するのに役立つだろう」

COVID-19は世界中で2,700万人以上に影響を与え、約90万人が死亡している。

最初の報告では、がん患者は非がん患者よりも重度のCOVID-19を発症する可能性が高いことが示唆されている。

Satlin氏と共同研究者らは、以前、救急部門への提示時にSARS-CoV-2ウイルス量が、一般入院患者の院内死亡率に関連していることを発見した。
しかし、これまで、入院時のウイルス量が、がんとCOVID-19の両方を有する入院患者の臨床転帰にどのように影響するかは明らかではなかった。

新しい研究では、Satlin氏と研究チームは、2つの標準的な診断テストを使用して、2020年3月15日から5月14日までの間に、ニューヨーク市の3つの病院に入院したときに得られた鼻咽頭スワブ検体中のSARS-CoV-2の量を測定した。

患者100名は活動性のがんにかかっており、2,914名はそうではなかった。

がん患者では、一部は固形腫瘍を有し、他は、血液、骨髄と呼ばれる血球を産生する組織、リンパ節―循環器系や免疫系の一部を構成する臓器に影響を与える血液系悪性腫瘍を有していた。

血液悪性腫瘍患者の半分は、がんではない患者の約30%と比較して、ウイルス量が高かった。
血液悪性腫瘍患者のうち、過去6か月間に化学療法または標的療法を受けた患者のみが、COVID-19の一般的な入院患者よりもウイルス量が有意に高かった。

「この結果は、血液悪性腫瘍または投与された治療法のいずれかによってもたらされる根本的な免疫不全によるものと思われ、SARS-CoV-2の増殖を阻害する能力を低下させる可能性がある」と、Weill Cornell Medicineの病理学と検査医学の准教授であり、NewYork-Presbyterian / Weill Cornell Medical Centerの臨床微生物学者である、共同執筆者Lars Westblade氏は述べる。

全体として、院内死亡率は、ウイルス量が多い患者では38.8%、ウイルス量が中程度の患者では24.1%、ウイルス量の少ない患者では15.3%であった。

がん患者も同様のパターンを示し、死亡率はそれぞれ45.2%、28.0%、12.1%であった。

がん患者における高いウイルス量は、低いウイルス量よりも院内死亡率の増加と関連していた。

この所見は、年齢や救急部への提示から3時間以内の酸素補給の必要性などの要因を調整した後でも、統計的に有意なままだった。

重要な注意点の1つは、ウイルス量が病院に入院していないCOVID-19患者の死亡率を予測するかどうかが明らかではないことである。

「SARS-CoV-2ウイルス量を使用して、がんの有無にかかわらず外来患者のケアを導くことの潜在的役割を評価するための後続の研究を奨励している」と、Weill Cornell Medicineの血液学および腫瘍内科学部門の医学助教で、NewYork-Presbyterian / Weill Cornell Medical Centerの主治医助手である、共著者Gagandeep Brar氏は述べている。

研究者らは、より大きな研究を実施して調査結果を確認し、特定の種類のがんとがん治療がウイルス量の増加と結果の悪化につながるかどうかを、彼ら自身で調査する予定である。

また、特定の患者のウイルス量を経時的に測定することで、治療の種類と期間を個別化できるかどうかを評価したいと考えている。

https://ecancer.org/en/news/18648-viral-load-predicts-mortality-rate-in-hospitalised-patients-with-cancer-and-covid-19

(2020年9月17日公開)

Croi 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Glasgow 2020 Virtual Conference News 速報
Literature-based Program
Gut Japanese abstract collection
ecancer
国際学会カレンダー