トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:全生存に影響を与えるがん治療を中止または遅延させてはならないとESMOのエキスパートらは結論づけている

06 Aug 2020

COVID-19パンデミック中にがん患者を管理する方法に関するESMOの学際的専門家合意論文がAnnals of Oncology誌に掲載され、全生存に影響を与える可能性のある、あらゆる種類の抗がん治療を中止または遅延させないよう世界中の腫瘍内科医に奨励しています。

専門家はまた、すべてのがん患者をコロナウイルス感染に対して脆弱であると分類することは、不適切なケアや潜在的な否定的な結果につながる可能性があるため、分類をやめるよう要請している。

コロナウイルス病(COVID-19)は、人間で新たに発見されたコロナウイルス(SARS-CoV-2)によって引き起こされる感染症であり、確立された治療法はない。

2019年12月の発生以来、世界中で1,600万件を超える症例が報告されており、そのうち60万人以上が死亡している。

がん専門家らは、COVID-19の緊急事態により、患者をコロナウイルスに曝されるリスクを回避しながら、質の高いがん治療を継続して提供することが求められている。

ESMOは今年初め、パンデミックによるがん患者の管理に対する悪影響の軽減を目的として、異なる腫瘍タイプに対するがん治療のさまざまな側面を優先するための適応ガイドラインを開発した。

専門家64名と投票患者支持者1名で構成される学際的専門家委員会は28の声明で合意した。

パンデミック時代にがん治療を提供することの安全性とリスクに関する推奨事項について、コンセンサスペーパーの筆頭著者であるEuropean Institute of Oncology (IEO、ミラノ)のGiuseppe Curigliano教授は、「一般的なアドバイスは、抗がん治療が患者の全生存に影響を与える可能性がある場合はいつでも、それを中止したり遅らせたりすべきではない」とコメントしている。

推奨事項は、免疫チェックポイント阻害剤、非細胞毒性標的療法、およびある種のアジュバントまたはネオアジュバント全身療法の使用が、有害である、または原則として、合併症または死亡のリスクが高いという説得力のあるエビデンスがないことによる。

「もちろん、以前の研究で述べたように、学際的なチームによるケースバイケースの議論は、腫瘍制御に対する感染リスクのバランスをとるためにきわめて重要であることに変わりはない」と、Curigliano氏は述べている。

コンセンサスペーパーでは、学際的な専門家パネルは、年齢、性別、腫瘍(サブ)タイプ、病期に関係なく、すべてのがん患者をCOVID-19に対して脆弱であると分類しないよう警告している。

実際、パンデミックの初期にはがん患者がコロナウイルス感染症にかかると、より重篤な疾患を発症するリスクが高いと報告されていたにもかかわらず、今日までに収集されたエビデンスは、固形腫瘍の多くの患者が一般集団に比べ、COVID-19による深刻な転帰に脆弱ではないことを示唆している。

「以前はヒトで観察されなかった新しい感染症の発生時に、患者に過剰保護対策を採用することは理にかなっているが、今ではすべてのがん患者がCOVID-19に対して脆弱であるという仮定から離れる必要がある」と、Curigliano氏は続ける。

COVID-19ウイルスとその影響に関連して、本当に高リスクのがん患者は誰かについての重要な質問に対して、Curigliano氏は以下のように結論を述べる:

「現在のエビデンスに基づくと、複数の併存症があり、化学療法を受けている高齢の患者だけが感染に対して脆弱である。この集団では、治療開始前に、患者のコロナウイルスによる感染を除外するために、現在の診断のゴールドスタンダードであるリアルタイムRT-PCR(逆転写ポリメラーゼ連鎖反応)を使用してCOVID-19について患者を検査することを推奨する」

ESMOのフラッグシップジャーナルで公開された一連のステートメントは、SARS CoV-2生物学、パンデミックの特性、COVID-19に対するがん患者のリスクとその変調因子、そして最後に、ウイルス存在下での最適ながん治療に関するデータをさらに蓄積することで、より適切な情報が得られる動的な知識リポジトリとして機能するように設計されている。

https://ecancer.org/en/news/18286-do-not-discontinue-or-delay-cancer-treatment-impacting-on-overall-survival-esmo-experts-conclude

(2020年8月3日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー