トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:脳腫瘍における薬物反応と細胞変化に予期しない関連が見られる

03 Aug 2020

神経膠芽腫の脳腫瘍を治療するための方法はより正確に提供可能であり、既存薬剤を新たな方法で使用できる。

これらは、脳腫瘍患者の多数の細胞サンプルを調査するUppsala大学の研究からの結論である。

研究者らは、神経膠芽腫細胞の変化がさまざまな薬剤効果にどのように影響するかを特徴付けている。

彼らの研究はCell Reports誌に掲載されている。

神経膠芽腫は、非常に予後不良の重症型の脳腫瘍である。

膠芽腫腫瘍は、患者ごとに異なる多くの遺伝的異常が含まれていることが明らかになっている。

それにもかかわらず、これらの変化を考慮して治療を調整する方法はまだなく、 多くの患者が現在同じような治療を受けている。

「これは私たちの研究の出発点だった。Uppsalaの患者100人の神経膠芽腫細胞が、さまざまな薬剤にどのように反応したかを調査した」と、研究の主任研究員であるUppsala大学免疫学、遺伝学および病理学部のSven Nelander教授は述べている。

その後、研究者らはアルゴリズムを使用して、がん細胞のどの変化が特定の薬剤効果を最もよく予測できるかを調査した。

この特性化により、腫瘍をグループ化することができ、特定の遺伝子の薬物反応と変異に基づいて2つの主要なサブグループを見出した。

「複数のレベルで細胞を特性化することにより、重要な遺伝子と経路、および異なる薬剤間の予期しない関連性を見出した。これにより、効果を最大化するためにさまざまな薬剤を組み合わせる新たな方法を発見することにつながった。したがって、この結果は精度を高め、さまざまな神経膠芽腫患者に対して治療を適応させることを目的としたさらなる研究の良い出発点となる。また、既存薬剤の新たな目的を見出すために使用することも可能である」とNelander氏は述べている。

https://ecancer.org/en/news/18188-unexpected-associations-found-between-drug-response-and-cell-changes-in-brain-cancer

  (2020年7月15日公開)

 

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー