トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がん全般:一般的ながん治療によるコロナウイルス感染悪化がないことを発見

03 Jul 2020

がん患者におけるCOVID-19の特性評価は、発表された研究および全国的な監視分析では依然として制限されている。

中国とイタリアからの報告は、がんとその治療のどの側面が重症のCOVID-19のリスクを高めるかについての知識のギャップはあるものの、積極的な治療を受けているがん患者はCOVID-19関連の重篤なイベントのリスクが高い可能性を提起している。

Memorial Sloan Kettering Cancer Center (MSK) の研究チームは、ニューヨーク市でパンデミックの最盛期にNCI指定のがんセンターで発生したCOVID-19の疫学について報告した。

6月24日にNature Medicine誌に掲載されたMemorial Sloan Ketteringの新研究によると、積極的ながん治療中にCOVID-19感染症を発症した患者は、他の入院患者よりも悪化することはなかった。

特に、過去30日以内の転移性疾患、最近の化学療法、または大手術では、COVID-19による入院や重度の呼吸器疾患との有意な関連は見られなかった。

研究者らは、これらの発見がウイルスに関する懸念のためにがん治療を遅らせるべきではないことを示唆していると述べる。

「あなたが腫瘍学者で、患者に化学療法を行うべきかどうか答えを出そうとしている、またはあなたが治療を必要とする患者である場合、これらの発見は非常に心強いはずである」と、MSKの感染症スペシャリストのYing Taur氏は述べている。

「この疾患の経過と臨床スペクトラムはまだ完全には理解されておらず、これはがんとCOVID-19との関連について必要な多くの研究のひとつにすぎない」と、MSKの感染症の主任医学疫学者Mini Kamboj氏は説明した。

この研究では、3月10日から4月7日までにCOVID-19と診断されたMSKの患者423名を調査した。

全体としては、40%がCOVID-19で入院し、20%が重度の呼吸器疾患を発症した。

約9%は人工呼吸器が必要であり、12%が死亡した。

最も頻度の高いがん種には、乳がん、大腸がん、肺がんなどの固形腫瘍が含まれた。

リンパ腫は最も一般的な血液悪性腫瘍だった。

症例の半数以上が転移性固形腫瘍だった。

一般集団の他の研究と同様に、研究者らは、年齢、人種、心臓病、高血圧、慢性腎疾患が重篤な転帰と相関していることを発見した。

研究者らは、免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる免疫療法薬を服用している患者は、重症疾患を発症する可能性が高く、入院を必要とすることがわかった。

これらの薬の効果を考察するには、さらなる研究が必要である。

しかし、化学療法や手術を含む他のがん治療は、転帰のさらなる悪化とは関係がなかった。

https://ecancer.org/en/news/18046-researchers-find-that-common-cancer-treatments-don-t-worsen-coronavirus-infection

(2020年6月25日公開)

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー