トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック中に禁煙するための効果的な選択肢

10 Apr 2020

喫煙は、コロナウイルス(COVID-19)感染とその進行中に発症する可能性のある合併症の主要な危険因子として確認されている。

さらに、副流煙は急性呼吸器感染症のリスクを高める。

したがって、公式通知は、現在のコロナウイルスのパンデミックに関連するリスクを最小限に抑えるために禁煙することを人々に呼び掛けている。

この情報は、現在喫煙している人々を驚かせ、不安を誘発するかもしれない。

しかしながら、禁煙成功の可能性を高めるためのエビデンスに基づく方法がある。

コクランは、既存のコクラン体系的レビューのこの特別なコレクションを作成した。これは、禁煙を希望する人々と禁煙を支援する人々のエビデンスをまとめたものである。

コクラン・レビューは、医療従事者との直接の接触を制限する公衆衛生対策下で実行可能な介入に焦点を当てている。

このパンデミック中での喫煙のリスクを考慮すると、成功の可能性を最大限にするのに役立つ情報を提供することが重要である。

コクランスペシャルコレクション、COVID-19:パンデミック中に禁煙するための効果的な選択肢には、ニコチン代替に関するコクランレビュー、電話、インターネット、テキストメッセージングプログラムなどの行動サポート、段階的な禁煙が含まれる。

これは、COVID-19に関連するいくつかの特別なコレクションの1つである。最近発行された他のコレクションには、クリティカルケアと感染の制御および防止策に関連するエビデンスが含まれている。

英国のオックスフォード大学Nuffield Department of Primary Care Health Sciencesのコクランの著者であるJamie Hartmann-Boyce氏は、次のように述べている。「エビデンスによれば、喫煙者は喫煙を止める薬剤と行動サポートを組み合わせて、成功の可能性を最大限に高めるべきである。現時点では選択肢が限られている可能性があるが、対面式の接触や処方箋を必要とせずに禁煙の可能性を高める方法がある。この特別コレクションは、コクランがこのトピックについて保有しているエビデンスをまとめたもので、医療専門家が人々に助言し、禁煙者が自らの決定を伝えるための使用を可能にする」

コクランの著者であるNicola Lindson氏は、英国オックスフォード大学のNuffield Department of Primary Care Health Sciencesでも、次のように述べている。「喫煙を止めた結果、不安とうつ病が改善する。禁煙が難しい時、そこに留まるのには十分な理由がある。1つの方法がうまくいかなくても、がっかりしないで欲しい。成功するまでに、何度も禁煙を試みなければならない人もいるというエビデンスがある。以前、禁煙できなかったという理由だけで、あなたが今できなくなるわけではない」

コクラン編集長のKarla Soares-Weise氏は、次のように述べている。「コクランは、COVID-19のグローバルな対応に取り組んでいる医療従事者や政策立案者のためのエビデンスベースの構築を支援している。一連のスペシャル・コレクションが作成され、グローバルな意思決定者と共有されている。パンデミック中の喫煙は、コロナウイルスに感染するリスクとそれに起因する合併症のリスクと関連している。このコレクションは、喫煙を止めようとしている人や、禁煙を手助けしている人に特に役立つ」

コロナウイルスに関連する無料で入手できるレビューについては、コクランのCOVID-19リソースページをご覧下さい。

https://ecancer.org/en/news/17612-effective-options-for-quitting-smoking-during-the-coronavirus-covid-19-pandemic

(2020年4月3日公開)

Practice Updates~HIV感染症治療戦略~
EACS 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
IAS 2021 Conference News 速報
ecancer
国際学会カレンダー