トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:研究者たちは脳腫瘍との闘いで味方を見つける:エボラ

28 Feb 2020

膠芽腫は容赦なく、治療困難であり、しばしば致死的な脳腫瘍である。

エール大学の研究者たちは、この種の癌を治療するための取り組みにおいて最もありそうもない味方を得た。エボラウイルスの要素である。

「皮肉なことに、世界で最も致命的なウイルスの1つが脳腫瘍を治療するのに役立つ可能性がある」と、エール大学脳神経外科のAnthony van den Pol教授は述べた。

このアプローチは、ほとんどのがん腫瘍の弱点と、病原体に対する免疫系反応に対するエボラ防御の利点を活用している。

正常細胞とは異なり、がん細胞の大部分は、ウイルスなどの侵入に対して自然免疫応答を生成する能力を欠いている。

このことにより、がん研究者は、さまざまながんと闘うためのウイルス使用を探求することになった。

ウイルスの使用には明らかなリスクが伴う。潜在的に危険な感染を引き起こす可能性がある。

この問題を回避するために、van den Pol氏を含む研究者たちは、キメラウイルスや複数のウイルスからの遺伝子組み合わせの生成および試験を試みた。

それらは、患者を傷つけることなく癌細胞を標的にする能力を持っている。

エボラウイルスの7つの遺伝子の1つは、免疫システムの応答を回避するのに役立ち、致死性の一因ともなる。

van den Pol氏は、これに興味をそそられた。

彼とこの研究の筆頭著者であるエール大学のXue Zhang氏は、エボラウイルスの遺伝子の1つであるムチンラインドメイン(MLD)を持つ糖タンパク質を含むキメラウイルスを使用した。

野生型エボラウイルスにおいて、MLDはエボラを免疫系から隠す役割を果たす。

彼らは、このキメラウイルスを膠芽腫のマウスの脳に注入し、MLDが致命的な膠芽腫の脳腫瘍を選択的に標的にし、殺傷するのに役立つことを見出した。

(チームは、完全なエボラウイルスではなく、MLD糖タンパク質を使用した。)

MLDの有益な効果は、感染から正常細胞を保護することであるように見えるが、病原体に対する免疫応答を開始する能力を欠く癌細胞ではないと、Van den Pol氏は述べている。

鍵となる要因は、糖タンパク質MLDを持つウイルスの複製速度が遅くなり、糖タンパク質のMLDを持たないウイルスよりも安全である可能性があることだと彼は述べた。

理論的には、このようなウイルスは神経膠芽腫腫瘍を除去し、癌の再発を防ぐために手術と併用される可能性があると彼は述べた。

https://ecancer.org/en/news/17338-scientists-find-ally-in-fight-against-brain-tumours-ebola

(2020年2月13日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー