トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:婦人科:研究者らは、閉経後を子宮内膜がんの重要な要因として見る

25 Dec 2019

子宮内膜がんは、米国で最も一般的な婦人科悪性腫瘍であり、女性の間で4番目に多いがんである。

さらに、子宮内膜がんの発生率は西欧諸国で増加しており、食事、ライフスタイル、膣のマイクロバイオームなどの環境要因の変化がその原因の重要な要因である可能性が示唆されている。

Scientific Reports誌に発表された研究で、Mayo Clinicの研究者らは、子宮内膜がんに関連するマイクロバイオームの特徴を特定した。この研究の目標は、子宮内膜がんの危険因子が生殖管のマイクロバイオームと子宮内膜がんのリスクをどのように変化させるかを調査することであった。

「マイクロバイオームが子宮内膜がんのマーカー以上の役割を果たす場合、これは子宮内膜がんの予防に重要な意味を持つ可能性がある」と、Mayo Clinic研究の筆頭著者であるMarina Walther-Antonio博士は述べた。

Marina Walther-Antonio博士によると、膣および産科の健康における重要な因子としての膣マイクロバイオームの確立された役割、および異なる民族間で見つかった膣マイクロバイオームの違いは、子宮内膜がんにおけるマイクロバイオーム研究の重要性を増大させる。

研究チームは以前、子宮内膜がんに使用される膣スワブスクリーニング法の開発につながった、2017年に発表された子宮マイクロバイオーム研究で、子宮内膜がん患者と非子宮内膜がん患者との間のマイクロバイオームの違いを発見した。

「新しい研究により、子宮内膜がんのこのスクリーニングツールをさらに発展させるために必要な知識と応用が得られた」とWalther-Antonio博士は述べている。

Walther-Antonio博士と研究者らは現在、子宮内膜がんにおけるマイクロバイオームの役割と、宿主に対する有害細菌の作用を防ぐ方法を研究している。

全体としては、チームは子宮内膜がんのおもな既知の危険因子(閉経後の状態と肥満)を検証し、子宮内膜がん患者に関連する追加因子として膣の高pHを特定した。

「これらすべての要因が生殖管マイクロバイオームに影響を与えると判断し、さらに更年期障害を主要な要因として特定し、かつ子宮内膜がんの現在の医療格差に対処するための新しいアプローチをもたらす可能性がある、この知見の潜在的なトランスレーショナルアプリケーションについて議論することを見据えている 」と、Walther-Antonio博士は説明した。
https://ecancer.org/en/news/17086-researchers-look-at-post-menopause-as-key-factor-in-endometrial-cancer

(2019年12月17日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー