トップ > ニュース

ニュース

e-cancer:がんのリスク増加に関連するCTスキャンからの放射線

09 Dec 2019

JNCI Cancer Spectrum誌に掲載された新たな研究は、CTスキャンからの放射線への曝露が甲状腺がんと白血病を発症するリスクを高めることと関連していることを見出した。

研究者らは、2000~2013年の台湾の国民健康保険データから調査を実施した。

本研究では、甲状腺がん22,853例、白血病13,040例、および非ホジキンリンパ腫20,157例が追跡された。

研究者らは、国民健康保険プログラムのデータを参照して、疾患の診断、手順、薬剤の処方、およびすべての患者の登録プロファイルに関する人口統計および医療情報を調査した。

がん診断時に25歳未満、がん診断前に3年未満の経過観察がある、または2000年以前にがんの既往歴がある患者は除外された。

本結果は、甲状腺がんと白血病を発症した患者において、CTスキャンを受けた可能性が有意に高いことを示した。

年齢層を超えて患者を組み合わせた研究では、医療用CTスキャンへの曝露は非ホジキンリンパ腫のリスク増加と関連していなかった。

しかし、36~45歳の患者では、CTスキャンに関連する非ホジキンリンパ腫のリスクが3倍増加した。

高齢患者では、CTスキャンへの曝露と非ホジキンリンパ腫の関連は明らかではなかった。

研究者らは、CTスキャンを受ける患者は、特に女性患者および45歳未満の患者で、甲状腺がんと白血病の発症リスクが一般的に著しく増加したと結論付けた。

「われわれの研究は、CTスキャンが全年齢層の成人の甲状腺がんおよび白血病のリスクの増加と、若年成人の非ホジキンリンパ腫と関連していることを見出した」と論文の著者であるYu-Hsuan Joni Shao氏は述べた。

「リスクは、複数のスキャンからの累積線量が高い患者ほど強くなる。CTスキャンを受ける人々の増加は、公衆衛生の問題になっている」
https://ecancer.org/en/news/16952-radiation-from-ct-scans-associated-with-increased-risk-for-cancer

(2019年11月19日公開)

IAS 2021 Conference News 速報
Practice Updates: HIV Management_HIVの治療戦略
Croi 2021 Conference News 速報
Literature-based Program
ecancer
国際学会カレンダー